FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・18 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
☆ 大坂都構想○×クイズ

11月には住民投票ですね。


情報を見ていたつもりでも、このクイズは
さっぱり・・です~~

大坂の皆さんは全問正解?




日記 | 17:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
夕顔の実 と格闘しました(笑)

ホップの仲間の、カラハナソウ


CIMG1069_20200925164039882.jpg
秋萩も満開


CIMG0873.jpg
雨天のコスモス

う~~~  さむいね


CIMG0927_20200925164040ec7.jpg
晴れの日の コスモス


CIMG0930_20200925164038981.jpg
風に揺れるコスモスに
気分を明るくしてもらいました^^




CIMG0744.jpg
でかい・・

40㎝くらいかな、夕顔の実を貰いました。
やっつけなくちゃ(笑)

こちらのスーパーでは、輪切りでも売られています。


CIMG0745.jpg
扱いやすい大きさに輪切りにして

種を取って、
厚めに皮も剥いて・・あ・間違えた><:


輪切りにして、皮を切り落としてから、
四つ切りにして種とワタを覗くとらくです。

ワタもフワフワで美味しいので、出来るだけ残るように^^


CIMG0747.jpg
水分が多いので、半分が浸る位の鰹出汁を注いで
火にかけます。
この量で、種を除いた鷹の爪1本を輪切りにして入れて、
中火で透き通るまで、10分弱くらい。
味醂少々と醤油で薄味に。
最初から蕎麦つゆでも良いですよ^^

鷹の爪は
今回は、孫の為に無しにして
食べるときに

CIMG0752_20200925164040c94.jpg
おとなは
七味を振りかけました。

う~~~ん・やっぱり 違う~~~


冷たくして夏の定番です。


CIMG0811.jpg
こちらは厚めに切って、油炒めして蕎麦つゆで味付け。
有れば、青菜やインゲンなども。

さっと茹でた海老とゆで汁、小松菜の緑も加えて
片栗粉でとろみを付けて、中華風にすると
見た目も綺麗です。

大部分は、さっと茹でた状態で汁ごとジップロック袋に入れて
冷凍庫に収まりました。


冬瓜に似ていますが、水分が多く
やわらかぁ〜な こんにゃくのような弾力も有って、
ツルッと食べられます。

夕顔の実自体は,味がほぼ無いので、好みの味付けが出来ます。
コロコロに切ってスープの具や、
味噌汁の具にも使います^^

ご馳走様でした^^



もし、強い苦みがある場合は未果熟かな。
苦みは、ポリフェノールの一種のククルビタシンという
成分のせいなそうで 毒では無いけど 沢山食べると中毒症状が!
他の具材にも苦みが移ってしまう・・そうです。

熟した夕顔を選んでくださいねぇ!

訂正します <(_ _)>
苦いものは 食べないでくださいねぇ!



こんな食べ方が有るよ〜と、教えて下さぁ〜い!

カンピョウになる夕顔の実、植物繊維が豊富です。

夕顔の実、栄養と食べ方

↑ カンピョウの作り方動画つき^^

デザートも!



今日は、気温20度~14度
寒いです!
裏フリースのナイロンズボンと毛糸のカーディガンを
引っ張り出しました。

台風の風と雨が通過中ですが、沿岸部が心配・・




おやつ おかず | 17:56:34 | Trackback(0) | Comments(4)
花巻へ (3) 高村山荘
CIMG1108.jpg
花巻市街地に入ることなく、賢治記念館から30分程の
高村光太郎記念館へ。

ここでも栗拾い^^

チケット売り場の横の、蕎麦やさんが美味しそうな感じ・・



CIMG1115_20200923003315987.jpg

 ☆ 高村山荘・高村光太郎記念館 

内容の濃い展示で、閉館時間を忘れそうでした!
宮沢賢治との繋がりから、花巻への縁が出来て。

賢治の最初の出版「春と修羅」に感銘して宣伝してくれ、
また賢治の全集出版に協力してくれた恩から、
既に賢治は亡くなっているのだけども、
空襲で焼け出された光太郎を
自宅に招いた賢治の父・政次郎さん。
その時の光太郎の句が、胸に染みます。

光太郎の父、高村光雲の木彫りが個人蔵からここに寄贈されて
初の展示中で、見れて運が良かったです。

光太郎の力強い作品達を見て、
靑森・十和田湖の「乙女の像」の試作も
素敵に展示されて。

地元でホームスパンを手がけていた人に注文誂えの服も
展示されていました。
カバン一つ分の荷物が全部入るよう、ポケットを沢山と注文し、
このウールの服で冠婚葬祭も上京も、手ぶらで何処にでも出掛けたとか。
着心地の良さを気に入って、
青年たちには陶芸を、娘たちにはホームスパンを と
試みて、その後の関わりも今に続いて。


記念館では
10月5日 ~ 11月23日
「高村光太郎とホームスパン」を企画展示。
バーナード・リーチとの交友関係や智恵子と織物なども。

あ、バーナードリーチと光太郎の関係は、
原田マハ著 「リーチ先生」でも描かれています。

館内の撮影はできないのだけど、入った途端に


CIMG1116.jpg
デカイ! 青虫さん発見。
草群に入り込んだ人の服に付いて来た?

草群に放しました。


CIMG1112.jpg
デカイ! 今度は バッタ^^

あと、若草色のコハナクモ も見つけた。


CIMG1130.jpg
記念館から光太郎山荘までは、田んぼ脇の道を少し歩きます。

だいぶ陽が傾いて、稲が輝いています。


CIMG1132.jpg
並木の向こうに山荘が。


CIMG1123_202009230033209bf.jpg
池の周りが、ヒメツルソバ で埋め尽くされています!

クウーと毎年見て喜んでいた、近くの繁みが
側溝工事で消えちゃって、今年は悲しい思いをしたのだけど
ここで こんなに!
クウー、来て良かったねぇ^^

あの年の翌春に、クウーに導かれるようにして見た
満開のヒメソバの繁み。
今回もクウーの命日に、行かなきゃと突き動かされた山荘。
・・・クウーなの・・?


CIMG1135_2020092300331825e.jpg
今年も、繁みに出会えた^^


☆ 花巻と高村光太郎


CIMG1141.jpg
外の立て看板です

山荘を背に、高村光太郎

CIMG1140.jpg
覆われる前の山荘と、右側に客用の厠


CIMG1142.jpg

CIMG1143.jpg
山荘は、2重に覆われています。

私が初めて訪れた時は、最初の覆いの中で
中の部屋も土間に入って見られたのですが、今は 
1番目と2番目の間の通路からガラス越しに覗くようになっていました。
風化が激しいので、仕方がないですね。


CIMG1144_20200923004444048.jpg
栗の木を通して庇が作られています。

セミの抜け殻が有ったー・と孫が呼ぶ。


CIMG1154.jpg

CIMG1147_20200923004432922.jpg
中に入ります。


CIMG1148.jpg
1番目と2番目の覆いの間の通路を、グルッと回って見ます。


CIMG1155_20200923004433202.jpg
土間と部屋

ここで北国の冬は、どれだけ凍えたか・・
7年も暮らして、乙女の像の依頼で東京へ。
またここに戻りたいと思いながら、仕事が続いて
病に伏して、ついに戻れなかった小屋の生活・・

戦時中の後悔と妻・智恵子への思いから、自らに厳しかったと
いうけれど、周りの人達に慕われた光太郎。

鉄人の生き様を覗いたようです。



CIMG1149_20200923004438061.jpg
井戸


CIMG1153.jpg
覆いの中の屋根
と、

CIMG1152_20200923004444111.jpg
覆いの無い屋根。


「宮 静枝」 岩手県江刺市出身の詩人。
1987年岩手県芸術選奨受賞。1991年江刺市文化懇話会より文学顕彰。
1992年『詩集 山荘―光太郎残影』にて第三三回晩翠賞受賞。



CIMG1159.jpg
山荘の右側に客人用の厠(トイレ)が有るのですが、
そこの扉には光太郎が彫った 光 の文字が。

裏に回って覗くと、くっきりと お月様のように光る文字。

もちろん今は、使用禁止です。


CIMG1170.jpg
前に訪れたときはまだ無かった、記念館、
来て見て、本当に良かったと思った場所でした。




CIMG1158.jpg
山荘の前からの並木


CIMG1161.jpg
日暮れ前の田んぼから

CIMG1160.jpg
白サギが 飛び立って行きました。




CIMG1194_20200923010838224.jpg
高速道は使わずに、一般道で帰ったのですが
紫波町で、満開のソバ畑 を見て もうすぐ新蕎麦だねぇと
花を撫でて、


CIMG1201.jpg
帰って、栗を茹でました♪




おでかけ 県内 | 04:24:49 | Trackback(0) | Comments(6)
花巻へ (2) 

宮沢賢治記念館の横の道には、鳥居が立っていて
神社への参道です。

ここへ行くために、お花の日時計への階段を降りるのを
諦めたんです^^:


CIMG1080.jpg
気持ち良い木立が続いて、

CIMG1078_20200921140132b17.jpg
ドングリが沢山、落ちていました。

5分ほど登って、


CIMG1081.jpg
お社が。

「ここの神社は遠野物語に出てくる姫神様で三姉妹の長女さん。

早池峰神社の瀬織津姫様(三女)
六神石神社の速はつや姫様(次女)で
胡四王神社が長女である早秋津姫様」

という記述を、検索中に見つけました。



CIMG1085.jpg
彫り物が立派です。

お参りして

賢治記念館より更に高い場所からの展望を楽しみました。
雲が無い快晴だと、盛岡市街も見えるとか!



CIMG1086.jpg
大きな樹の切り株と立派な根・・!

何本かの切り株は、この木達が繁って居た頃はもっと
もっと小暗くて、森のお社だったのだろうね。


CIMG1084.jpg

CIMG1083.jpg

CIMG1092.jpg


CIMG1097_202009211401307f2.jpg


黄色っぽいような? 遠すぎて判別出来ない蝶が、ヒラヒラ飛んでいます。

モンキチョウよりもっと大きいのは分かったけど・・?


CIMG1099_20200921140125301.jpg
神様の御座所でしょうか?



CIMG1102.jpg
あっ、これだ!

近くで見たかったねぇ・・残念!



CIMG1104.jpg
脇の小道を入って進むと、賢治さんの童話の 信号が
何気なくあったり^^

神社周辺には、降りの小道が何本か有って
次の予定が無ければ、歩いて見たい・・と思わせる
雰囲気の小道です。

栗の実が沢山落ちていて、まだ綺麗なのも沢山♪
栗拾い しました^^



次の(3)は、いよいよ
行きたかった 山荘へ^^




おでかけ 県内 | 14:48:35 | Trackback(0) | Comments(2)
宮沢賢治記念館と高村山荘へ(1) 9月19日(土)

気温27度 晴れ の 19日
陽射しが、暑い!


昨日18日は、クウーがお空へ行った2回目の日。
静かに偲んで過ごしました。


翌19日、何度かクウーも一緒に行ったことが有る花巻に
孫と孫パパと3人で行って来ました。

もちろん、クウーも3人の胸で一緒です^^




CIMG1039_202009192338559c5.jpg



CIMG1038_20200919233852eac.jpg

CIMG1037.jpg
駐車場から

☆ 羅須地人協会

コロナのせいで休館で、中を見られませんでした><
せめて、↑を御覧ください。

この白い壁は、長期休館だからガラス戸を覆っているのかな?

30年前には、花巻農業高等学校の畑地に
ポツンと立っていたような・・

賢治さんの祖父の療養所として建てられたのだそうです。


CIMG1040_20200919233847290.jpg
高校の門の前から。

岩手山が、こんなに近く見える!

高速道で、盛岡~花巻は30分くらいです。


CIMG1042.jpg
田んぼ道を走って15分。


CIMG1043.jpg
胡四王山(こしおうざん)の中腹へ。

山猫軒で
まずは、お昼ご飯を。


CIMG1044.jpg
注文の多い料理店・・

CIMG1045.jpg
ヤセな私は、およびじゃない(笑)


CIMG1046.jpg
私の 山猫雑炊

CIMG1047.jpg
孫の 天ぷら蕎麦

CIMG1048.jpg
孫パパの 鹿踊り蕎麦

鹿踊り(ししおどり)の面になってます^^


CIMG1050_20200920013132581.jpg
ここを降りると、賢治さん設計の 日時計花壇 があります。

CIMG1053_202009200131301f3.jpg
とんぼ

さて、 目的の場所は駐車場をはさんだ

CIMG1057.jpg
宮沢賢治記念館

駐車場が、がら空き・・
コロナで、各施設が閉まっているし
観光客の激減が目に見えます。

人が少ないおかげで、ゆったりと見る事が出来ました。

入り口で、住所氏名を記入して体温をピッとはかってもらって、
手を消毒して入館です。
もちろん、マスクも。


CIMG1060_202009192348436dd.jpg

 ☆ 宮沢賢治記念館

リニューアル後、初めてです。
この日は、棟方志功と賢治の特別展も見られて♪

撮影は出来ませんので、↑を御覧下さいね。

孫は浮かぶ映像に、大はしゃぎ^^



CIMG1064.jpg
ガラスの フクロウ


夜鷹の星 のモニュメントも有ったんだって!
陽射しが強すぎて眩しくて、黒い石壁かと思ってた・・><




CIMG1061.jpg
建物の周囲のテラスから

CIMG1058_2020091923483153f.jpg
見下ろす

CIMG1067.jpg
奥羽山脈 と 北上川



次回(2)は、胡四王神社です。




おでかけ 県内 | 01:46:28 | Trackback(0) | Comments(2)
 古いページ >>