FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・19 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
四十四田ダム 3月8日(日) 
CIMG7043 (1)
柳沢から離れて、うちの近く(車で15分)のダムに来ました。
桜の名所でもあります。

右下のこの階段から上がって、ゼイゼイのガクガクに
クウーが、とっとこ先行く孫を追いかけて
グイグイ引っ張られて 転げ落ちそう になったっけ。


懲りたので、今は上の駐車場から坂を登っています。





岩手山から続く 奥羽山脈も綺麗に見えて。
雫石のスキー場もクッキリです。


CIMG7051 (1)
ずぅーっと左奥が盛岡駅近辺かな・・
南昌山を照らす空が美しい。


CIMG7050 (1)
高所が怖い私は、遠くは見れても すぐ下は見れません。
今いる、この場所のすぐ下も見ません^^:
実際にダムに立つと、高いです。


CIMG7052 (1)
いちども渡った事が無いダムを
見下ろしていると、人が増えてきて、

この人達は平気なのか、水面を見下ろしてます~~



CIMG7063 (1)
とんび かな?

追いかけて、追いかけて、


CIMG7061 (1)
数押しゃ当たる の 一枚

やっと端っこに写ってました・・^^:




CIMG7067_20200310214343572.jpg
獣の匂いをかぎつけて、くんくんくんくん追いかけて
呼び戻しも無視で、躾けもぶっ飛んだ クウーを
思い出す広場。

どうなることかと見ていたら、匂いを見失って戻って来て
こいつは絶対、山で離せない と 肝に銘じたっけ。

戻って来たクウーの、きゃあぁあ〜♪ って感じの

すんごい笑顔 を思い出しました^^



CIMG7070 (1)
倒木を越えて、更に上へ 行ってみました

濡れ落ち葉とぬかるみで滑ります~~


CIMG7073 (1)
アンヨカクカク、よろけながら上がる 落ち葉の石段 3曲がり

楢の葉、朴葉、栗のイガ、ドングリ。



CIMG7066 (1)
岩手山に 浸った 一日でした^^




おでかけ 盛岡周辺 | 22:13:46 | Trackback(0) | Comments(0)
岩手山 (柳沢) 3月8日(日)

朝焼けの朝6時
気温0~8度の日。


CIMG6993.jpg
クッキリの岩手山に見惚れる9時
浮かれて近所の散歩して、

CIMG6996.jpg
ほぼ いつも雲に隠れて半分しか見えない 早池峰の山が
クッキリと見えて、

山を見に行こう! 行こう! 


行き先は、孫パパにお任せしたら
柳沢に行くそうです。

うちから車で30分の近場ですが、登山道を上ります。


CIMG7001.jpg
脇道を上っています。

まだ3月初めなのに、段々田んぼの土起こしが始まってます。

もっと登って、


CIMG7011.jpg
牧草地から 岩手山

気持ち いいーーー!!

雪解けの泥んこは、氷りに閉じ込めていた
堆肥の匂いも大気に漂わせて、
孫は  くっせぇーー 

真っーーすぐな感想でんなぁ。
(・・あんた街中育ちだもんね、馴染みの無い匂いだね。
この匂いは、人と生き物の生活のにおいなんだぞ・・だから、
目も鼻も開けて、口を閉じてなさいね)

でもね、雪をすくってクンクンすると何の匂いもしないんだよ。


CIMG7017.jpg
鞍掛山

今年は、あの頂から岩手山を見上げたい!
八幡平の お花 に会いたい!

目標2つ、叶いますように・・^^:



CIMG7007.jpg
きゃぁーーー雪だーー と 冷たい感触を楽しみましたよぉ^^

大きな粒のザラメ砂糖のような氷りの下から
ハコベが伸びていて、緑の絨毯です。

白鳥が2羽、飛んで行きました。
最後の編隊の出発もすぐです。



CIMG7013.jpg
その氷の粒で、雪だるま

クウーちゃん、冬にお別れだよ。
もしまた雪が降っても、もう粉雪じゃないものね。

この冬の昼間気温が0度以下は、私の記憶では
たった一度だけだったよ!!!!!
盛岡の街中の観測だから、うちの辺りは
もう少し低かったろうけど・・
夜はちゃんと、凍えたけどね。

今週の予報は、気温16度まで上がるって!
ひろぉ〜い牧草地も、すぐに緑になるだろうね。


ちょこっと車で走って ・ 止めてぇーー


CIMG7025_202003092206202d3.jpg
カラマツの 新緑の芽の可愛らしさと、並木の美しさを
思い浮かべて 眺めました。


帰るの?  ダムに行くか?  行こう!

と、車中からの お山を楽しみながら走りまして

ダム湖 に向かいました♪





おでかけ 盛岡周辺 | 22:45:03 | Trackback(0) | Comments(6)
石川啄木記念館・続き
啄木記念館の展示を見ていると、財政豊かな親だったなら
全く違う生き方であったろうに・・と、やはり賢治さんを
思い浮かべます。

貧しいが故の苦労と傲慢な言動も遊びに逃げることも
無かったろうに・・
だけど、それでは
率直に吐露する哀しい詠も生まれなかった・・

不運続きの見本みたいな人だけど、我(われ)の弱さに甘えるのだけど、
残した作品が それ故に生まれたのだと思うと
時代背景というものも知って読まなければいけないのだろう。

職員さんの丁寧な対応と共に、来て見て良かったと思う
展示内容でした。



尋常小学校の校舎は


入り口から講堂を見て。
当時の入り口は、右側の階段の下なそう。

長い年月に酷く傷んではいますが、当時の建物の造りに
人々の暮らしや忍耐が見えて来ます。


CIMG6883.jpg
1階は、用務員室? 応接室? 

CIMG6881.jpg
職員室

CIMG6886.jpg
狭くて高い急な階段を、ギシギシ上がれば

CIMG6887.jpg
赤いほっぺたの子ども達が、黒板を見つめ
お話しを聞く様子が見えるような教室です。


CIMG6893.jpg
前庭の 夏椿の木の 花柄と蕾

CIMG6897.jpg
盛岡の街中の「啄木賢治青春館」と共に見て貰えたら
石川啄木を見る目が変わるかもしれませんね。




おでかけ 盛岡周辺 | 03:09:06 | Trackback(0) | Comments(2)
緑のカレー も 啄木記念館 も 2月23日(日)

雪降りの3度~0度の日
北へ向かっています。

CIMG6855.jpg
ワサワサ降ってきて、ちょっとワクワクしてたら

CIMG6856.jpg
アッサリ降り止んで、うちから20分程の
八幡平市・西根の

CIMG6857.jpg
産直に到着。

美味しい野菜や地場産品とレストランが有ります。
殊に、寒締めほうれん草の産地なので
ここの名物は


CIMG6860.jpg
ホーレンソウカレー

店内から、かわいい〜〜! の声が聞こえてきます^^

こんなに可愛いのに、お子様無理・・の辛さです><:
これこそ子どもに食べさせたいのに、ホーレン草タップリなのに。
あ・ご飯も美味しい^^

お子様並みに辛いの苦手な私は、普通にご飯にかけてる
ミニカレーを
頑張って食べました^^:
苦手だけど、つい食べちゃう 美味しさです。


CIMG6861.jpg
孫のラーメン

見た目、あっさりかと思いきや
こくのある香ばしいスープです!
孫、完食。


CIMG6863.jpg
免許持たない私は、法令違反 の文字に へぇ~~!!

この冬は、道が乾いてる事が多くて
冬タイヤがすり減る~~~と息子。
できれば来冬も使いたいよねぇ・・


さて

CIMG6873.jpg
渋民へ向かいます

姫神山が近い♪

その麓の

CIMG6874.jpg
石川啄木記念館
この建物は、啄木の理想の家をモデルにしたのだそう。



CIMG6876.jpg
啄木が学び、後に先生をしていた 尋常小学校の校舎(左)と
教員時代に間借りしていた家(右)

孫に、昔の教室を見せました。


CIMG6875.jpg

CIMG6878.jpg

CIMG6900.jpg

CIMG6899.jpg

建物の中は、明日アップしますね。




おでかけ 盛岡周辺 | 02:08:29 | Trackback(0) | Comments(2)
紫波町から手代森、盛岡へ 2月16(日)

田んぼの白鳥の群れを見てから、昼食に
手代森(てしろもり)・手打ち蕎麦の「百壱 楠」へ

孫の ざる蕎麦2色盛り

シッカリ食感の太打ちと喉越しツルッの細打ち。

 
CIMG6787.jpg
ママの 鴨南蛮

鴨のつゆが美味しぃ〜

皆の分を皆で味見し合います♪


CIMG6788.jpg
パパの 天ぷら蕎麦

あ、エビ天食べちゃってる・・

漬け物もとっても美味しかったです^^


CIMG6789.jpg
私の 蕎麦がき

蕎麦つゆに盛られてくるかと思ったら、お醤油で食べるようです。
凄いフワッフワで、むふふ♪

熱い掛け蕎麦の汁をたっぷり掛けて食べたら、これまた
美味しくなりました。



CIMG6791.jpg
手代森の 石臼手打ち蕎麦 「百壱 楠」

職人さんという感じのご主人が黙々と手を動かして、
女性陣がテキパキと、でも柔らかい対応してくれて
感じの良い店で、美味しくて、また行きたい店です。

里芋の芋蕎麦、鍋焼きうどん・・
後味の良い汁が美味しくて、
季節感タップリのメニューも食べに通いたくなりました。


さて、 

CIMG6793.jpg
城址公園の石垣のすぐ近くの、下ノ橋教会で開催中の

ジョー・オダネル氏の写真展を見てきました。

ジョー・オダネル

下ノ橋教会の山崎氏との縁で、盛岡での写真展が全国での
写真展に繋がり、有名になった一枚の写真、
「焼き場に立つ少年」をご存じの方も多いと思います。

生涯を掛けて伝え続けたものを、受け止めなければいけない。


CIMG6794.jpg
雪置き場 の看板

河原が雪捨て場になる雪の季節の看板。
それでも、大雪の年には
あちこちの捨て場が満杯になることも。




翌日(月)にはまた雪が降って

CIMG6802.jpg
沢山の雀達がいるはずの杉並木もシーンとして、
雪を踏む靴音が響く朝。

登校の中学生達の足跡が、刻まれていきます。


CIMG6809_202002192224314d7.jpg
陽が昇ってきて


CIMG6811.jpg
急にホコッと温かくなった気がする 朝

一日と一晩の雪の夜が明けて、雀達が
朝からご飯欲しいと、電線で騒いでます。

いつも夕方の餌撒きだけど、
寒かったからねぇ・・欲しいだろうと思って
用意して来たよ^^




おでかけ 盛岡周辺 | 23:25:58 | Trackback(0) | Comments(2)
 古いページ >>