FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・18 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
神社と盛岡城跡公園 4月11日(日) 2

亀が池から、盛岡藩主を祀る桜山神社へ。


CIMG4966_202104142358573fb.jpg

☆ 盛岡城跡公園散策記
巨大ステッキィーズ"さんの記事です。
最後の、3の記事をポチすると2が見れます。
見て貰い場所が全部、載っていました^^:


CIMG5034_20210414235908c09.jpg
案内板

CIMG4967.jpg
神社横の石垣の坂を上って、

CIMG4970.jpg
三の丸から、岩手山を望む。

十五の心 の啄木が見たのは、ビルが無い緑の景色。

今の県庁の辺りが、昔の盛岡中学校でしたので
城跡と近いです。


CIMG4968_2021041423590140e.jpg
秋には見事な紅葉の公園になりますが、
今はまだ芽吹き前。


CIMG4981.jpg
横に逸れて石垣を見上げながら桜の回廊へ。


CIMG4987.jpg
例年なら
石割り桜が満開の頃はまだ蕾、のお城の桜が
少しですが、もう咲いていました!
きっと、あと2~3日で満開かな。

桜色の回廊が続きます。


CIMG4998.jpg
石の階段を上がって、


CIMG4995.jpg
二の丸から、桜を見おろして。

これが満開なら、桜色の雲海のようなんですよ。


CIMG4997_202104150011546db.jpg
美しい花を満喫して、本丸散策して

CIMG5011.jpg
赤い橋を下りて、

CIMG5006.jpg
二の丸から多目的広場へ下りていきます。

CIMG5019.jpg
坂の途中の、石割ケヤキ。
有名じゃ無いけど、石割り桜に負けない根です。


CIMG5023.jpg
城跡公園の横を流れる中津川で、
チャグチャグ馬コの行列が休憩したり、

CIMG5021_202104150034096b6.jpg
石垣ミュージックフェスティバルが開催される
広場が去年も今年も淋しいですが、いつでも
市民に親しまれている、憩いの公園です。

池の縁を歩いて神社の横に出て、グルッと回って

CIMG5059.jpg
石垣を巡って

CIMG5055.jpg
見上げて


CIMG5051_20210415003421c3a.jpg
あ、3月の地震の影響らしい土砂崩れ・・
ここはツツジの植え込みだったかな?


CIMG5048.jpg
この一本だけ、枝垂れ桜が満開でした^^


CIMG5054.jpg
美しく、藪椿の花も咲いていました。


月曜・火曜と雨予報だから、石割り桜を見に行くかと
出掛けて来て、お城跡の散策もして満足で、
やっぱり街は素通りして帰ったのでした^^:


14日(水)に、城跡公園の桜満開のニュース^^


おでかけ 盛岡周辺 | 02:32:51 | Trackback(0) | Comments(2)
石割り桜 4月11 日(日) 1
CIMG4931.jpg
気温18度の青天の日

見に来たのは、8年振りくらいかな。
横に張っていた枝が随分と折れて
小さくなったねぇ・・
この冬の雪の重みはつらかったろうに.。
樹齢400年ほどの江戸彼岸桜です。

☆ 裁判所の石割り桜

何台もの観光バスが連なるのですが、コロナの
影響で見当たりません。
各国語が飛び交う事も無く、県民が古木の桜を
楽しんでいるようです。


CIMG4921.jpg
その昔、南部藩の家老屋敷の庭の
巨岩の凹みに根付いて、
根が石の割れ目を広げながら
生き伸びてきた桜です。

中央の柱のすぐ右が、石の割れ目です。


CIMG4922.jpg
代々の植木師に守られて、今年も満開。


CIMG4925_20210414032120d3b.jpg
石割桜が咲いたのニュースに、盛岡に春が来た
と、思います。


CIMG4923_20210414032126860.jpg
グルッと回って、

CIMG4927.jpg
建物側からの石。


CIMG4936_20210414034447a10.jpg
奥に見える岩手県庁と裁判所の、県庁通りです。

枯れた枝を伐ったり、何本もの支柱に支えられ
台風や雪の重みに耐えて、
今年も見事な花を咲かせました。


CIMG4942_20210414032128468.jpg
信号を渡って、


CIMG4947.jpg
県庁通りのトチの樹並木。


右に、県警本部、突き当たりが盛岡市役所。
左奥から、県漁連本部、合同庁舎、手前が岩手県庁、
   裁判所が並びます。

トチの葉が美しく繁る夏、さんさ太鼓の音が響く
のですが、今年もコロナで中止でしょう・・


CIMG4963_20210414040145235.jpg
その県庁の道向かいは、緑地公園と
お堀の名残の亀が池。
桜の古木が並んでいて、ほぼ満開^^

CIMG4956.jpg
白サギ

CIMG4958.jpg
桜の蜜を吸う、ヒヨドリ。


CIMG4951_202104140401437fe.jpg
この奥の道向かいが、盛岡城址公園です。

池の水は、道路の下を通ってお城の脇の
流れから来ています。


明日に続きます。



おでかけ 盛岡周辺 | 05:29:35 | Trackback(0) | Comments(6)
もう一つの湿原で (3)

ミズバショウの群生地から、ほど近い林の湿地にも
期待して行きました。


うんぬっ! っと、泥土から緑が顔を出して、


CIMG4545.jpg
立ち上がっています。


CIMG4552.jpg
おおっ!
表面が裂けて
あの色が覗いてる!


CIMG4551.jpg
表皮が落ちて、包まれていた葉と小豆色のが
誕生!


CIMG4554.jpg
小豆色の苞(ほう)が開き始めて


CIMG4550_20210401012754e89.jpg
お馴染みの姿になった座禅草。


CIMG4549.jpg
座禅する僧のように、
苞に包まれた花が咲いています。


ミズバショウと同じ、里芋科なのに
随分と違う見た目です。

もっと水が多いところだと、緑の葉が
伸びるらしいのですが、ここは葉が枯れてしまうようで
泥土に小豆色の苞が、花を守るように
ひっそりと鎮座しています。

もう少しすると、多くの小豆色のポコポコが
出るんですが、ちょっと早く来たおかげで
成長過程を見る事が出来ました♪

うんぬ・から 座禅まで、何日掛かるんでしょう?


ミズバショウの白い苞も同じ伸びかた? と、
前記事の写真を見直したら、
同じに地面から顔を出していました。


CIMG4471.jpg
早春を楽しませて貰った岩手山に
ありがとう〜!

網張り温泉は、写真の左端のもうちょっと左かな。
台所から見ているのは、右端です。


何かと息をひそめる日々の中、
大自然の春の息吹に触れることが出来て
感謝の1日を過ごしました。



おでかけ 盛岡周辺 | 02:27:53 | Trackback(0) | Comments(6)
スキー場から湿原へ(2)

網張りの山と高倉山にサヨナラ・・の前に、隣のスキー場も
覗きたい。

温泉同士が小道で繫がっているのだけど、まだ
雪があるので車で行きます。


CIMG4505.jpg
網張り温泉スキー場


CIMG4506.jpg
吹きだまり除けのシェルターを通って


CIMG4509_2021032920300983e.jpg
スキー場です。

☆ スキー場案内


CIMG4510.jpg
ファミリーゲレンデ

CIMG4516.jpg
上から滑り降りて来た人。


少し離れて、岩手高原スキー場も有ります。

☆ 岩手高原スノーパーク



さて、岩手山から、その裾野まで
グングン下って来ました。


CIMG4517.jpg
岩手山と鞍掛山



柳沢地区の私有地の湿原へ。

ミズバショウが咲いてるんじゃないかなぁ。
 早すぎるべぇよ
うん、でも蕗の薹が去年来た時と同じくらいだよ。
 んじゃ、行ってみるか


CIMG4527.jpg
倒れた白樺の樹にキノコ。

今年・去年・一昨年・・なのかな?


CIMG4523.jpg
春の妖精 カタクリ が、葉を出しています。

種から芽を出すまで7~8年も掛かるのだそう。
決して持ち帰ったり、踏んだりしないでくださいね!


その斜面の下を流れる水には

CIMG4522_2021032920302079e.jpg
ミズバショウ が、去年よりも増えていて

その先の湿原は

CIMG4529.jpg
いちめんのミズバショウ。

まだ小さなのが多く、伸びるとびっしりです。


☆ ミズバショウ


CIMG4532_20210329225045eb0.jpg


CIMG4536_20210329204048ab1.jpg

CIMG4535_20210329204050788.jpg

CIMG4543.jpg
これからグングンと葉が伸びて、花も黄色くなって
全体が若緑と黄色に染まります。


CIMG4540.jpg
湿地のあちこちから芽が出ていて、
小鳥達の囀りの中を
踏まないように、ゆっくり見させてもらいました。




まだ続きます。
明日は、座禅^^:




おでかけ 盛岡周辺 | 22:14:18 | Trackback(0) | Comments(8)
休暇村岩手網張温泉 (1) 3月26日

孫ママの誕生日はケーキでお祝いしたけど、
有休消化の休みの日に、温泉に行こうと孫パパ。
誕生日プレゼントかな^^
温泉大好き孫が、張り切っています。

行きは鬼越峠を越えて、帰りは柳沢周り
の岩手山麓です。


☆ 網張温泉

☆ ふれあいプログラム
星も蛍も演奏も森も語り部も・・


CIMG4482_2021032823161701d.jpg
のぼせるので温泉が苦手な私は、いってらっしゃーい と
周辺散策です。


CIMG4497.jpg
階段の先に神社が見えるので、行ってみた。

写真の上の雪の所まで行ったけど、
スニーカーでは滑るし、ズボッと足首まで
埋もれるので諦めました。
せめて正面をと、頑張って横へ移動してみた。



CIMG4478_2021032823271906b.jpg
網張り薬師社の扁額


CIMG4476_20210328232718c96.jpg
この樹の根元の1㍍くらい下から見上げています^^;


CIMG4475_20210328232715228.jpg
残雪の脇に、木の芽のハート。


CIMG4483_20210328231618d82.jpg
温泉に隣接の、
十和田八幡平国立公園・ビジターセンターを見学します。
中は、ストーブであったかいです。

ちょうど、八幡平周辺からの星空の写真展ちゅうで、
わぁ・・・と見入っていたら、
女性館員さんが、
冬のダイアモンドって、わかります?
この写真を撮った人に、いろいろ教わったんだけど
さっぱり判んなくて・・と苦笑してらして。

私も星座で検索すると、線で結んで名前もあるから
判ったつもりになるんだけど、実際に見上げると
なかなか・・オリオンと北斗七星くらい^^:

お住まいはどの辺?
あの辺・・
じゃあ、急に灯りが増えたでしょう。
そうなの、でもまあ夜中は暗いからまだ大丈夫です。

などと、お喋りしてもらって楽しかったです♪


CIMG4485_20210328231619422.jpg
大型画面で周辺の行事や自然の様子が見られて、
岩手山頂上へのお釜のふちを歩く人達の
足場の狭さにビックリしたり。


CIMG4486_202103282316203fb.jpg
地形模型など、面白く見ました。
熊とテンの頭蓋骨も!


CIMG4487.jpg
私が高所恐怖なのを知らない知人が、ほい・乗って
と、目をパチクリのまま乗せられた昔に、

秋の網張り温泉スキー場でリフトに乗ったことが
有るんだけど、第2リフトの上から見下ろす景色が
素晴らしかったです!
もちろん、枠にしがみついて^^;

リフトから降りて、歩いて下ったんですが、
この急坂を滑り降りるの! もっと上から!!
スキーって、凄いねぇ! ってゾワッとしていたっけ。

あのまま第3リフトで上に行けば、お花畑を通って岩手山頂に
行ける、登山口でもあるんですね。


温泉から上がってきた、硫黄の匂いプンプンの
孫達が、センターを見ている間に
私は外を一回り。

CIMG4504.jpg
入り口に置いてあるバケツを覗き込むと卵。
聞いたら、さっき採取したばかりの
「アカヤマガエル」の卵で、去年よりも
2週間ほど早い産卵なそう。

丸いゼリー状が連なって、2週間くらいで孵化して
オタマジャクシになるんだって^^

その辺で見ていた昔と違って、今の子は珍しいかな。

お〜たまじゃくしはカエルの子
ナマズの孫ではないわいな
そ〜れがなにより証拠には
やが〜て手が出る 足が出る〜♪

ナタデココと間違えそう・・小さい子が口に
しないように場所を移して張り紙して、観察して。
オタマジャクシになったら
沼に戻すそうですよ。

孫〜 いいもの見たね^^

でね、親カエルは産卵を済ますとまた冬眠に
戻るんだって!


CIMG4491_20210328231632a59.jpg
その沼もミズバショウの湿地も、この雪壁の向こうで
覗き込めなかったけど、膝までの長靴なら行けるそう。



CIMG4489_20210328231628b2b.jpg
ビジターセンターから、「高倉山」を望む。

手前が「小高倉山」 重なる向こうが「高倉山」
1993年に、世界アルペンスキー大会が開催されました。

うちの台所から見る岩手山の左側に、スキーコースが
クッキリの高倉山が見えますが、
この左側の稜線を、正面に見ているんだね。



・・・



CIMG4494.jpg
除雪の山は、まだ溶けそうもないけど
道は乾いて、蕗の薹が顔を覗かせて 春間近です。



CIMG4495_20210328232719ddf.jpg
クウーも、秋に周辺を歩いたね。
 
来たよ の 雪だるま 置いてきました。



続きは明日に^^:



おでかけ 盛岡周辺 | 03:02:59 | Trackback(0) | Comments(8)
 古いページ >>