FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・19 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
麻絣のテーブルセンター

ほんのちょっとの間、雲の切れめから陽が射したら
チュンが伸びーして、羽をバサバサして
ひなたぼっこ? してました。


CIMG9687.jpg
びっしりと咲いていた黄色の花が、なんだか
年々、減ってきて心配になってきた。

クウーが毎年ここで、風に揺れる花を見上げていたのに・・

種を採らせてもらって、鉢に撒いてみようかなぁ。
ベランダ、陽が当たらないしなぁ・・


CIMG9729.jpg
夏椿が白い花を咲かせました。

雨続きの日々に、清涼な空気をもたらしてくれるようで
ホッと、見上げました。
蕾の形が、まるで鈴のように丸いのが可愛らしい^^


CIMG9662.jpg
房スグリの赤も、鮮やかです。
ちょっと、元気をもらえました。




CIMG9749.jpg
PCに向かう時間が減ると、はかどる縫い編み^^:

細い細い糸で織られた、薄い生地なので指の負担は
随分と少なく、でも縫うにはとても気をつかうのでした。
少ししか残っていなくて良かった〜
いっぱい有ったら、夏の肌掛け・・などと野望もやして
早々に、挫けたに違いない^^:

いや、いっぱい有ったら大きさのままに、
ミシンでダーダー繋いでたかな。


裏地は、この着物に使われていた極薄の麻を。
透けて縫い代が丸見えだから、縫っては切りそろえて
どこまでも気が抜けないのでした。
こういう事は、パッチワークの基本に忠実に^^:

次は、縫い代押さえと装飾を兼ねてステッチを。
その糸に、
久し振りのモンリッキー登場です。

各国のキルターが愛用していた、MADE IN EUの
この糸が、どうして突然、製造されなくなったのか?

この糸はミシン糸なので、撚りのかけ方が手縫い糸とは
逆で、針を手前に戻しながら縫っていました。
慣れてたのが幸いして

この糸が手に入らなくなってから、ミシン糸で
縫い繋いでます。
ギッターマンはどうも固い気がするし、国産のは
布に強すぎる気がするし・・
地元のお店で買える物を使いたいし。

前記事のミシン糸が気に入ってるけど、モンリッ−キーが
残ってたのを思い出しました♪

手に馴染んだ糸で、色も丁度良いし
針が進みそうです^^



大雨特別警報・レベル5
福岡県・佐賀県・長崎県


てづくり・縫い編み | 03:49:23 | Trackback(0) | Comments(5)
巾着のこの先・どうなるかな?
熊本、静岡の豪雨被害・・
お亡くなりになられた方々に、
被災された方々に、こころからお見舞い申し上げます。

度重なる災害に、言葉も出て来ません・・が、
どうか雨が降り止んでも、まだまだ
お気を付けてくださいね。




アスパラガスの花も

CIMG9672.jpg
実も、雨に濡れて風に揺れて。


降りそうで降らなかった曇りの日、
CIMG9636.jpg
道端で自生の
オカトラノヲが、咲きながら花穂を伸ばしています。
お山の麓の道端で、沢山咲いていたのを
思い出させてくれて、嬉しくなるんです^^

CIMG9639.jpg
色も形も素敵で一目惚れした
アストランティア・マヨールが次々に咲いて
人様の庭を覗き込む^^:

CIMG9642.jpg
頬が緩みます。


CIMG9604_202007050136587fd.jpg
やはり雨が似合うアジサイ

各種アジサイが、アチコチで咲いてるのだけど
この青が好きです。

一関のアジサイ園、また行きたいな・・・素晴らしかったなぁ。



 ・ ・ ・ 



CIMG9682.jpg
ちょっと淋しいのだけど、だからといって
こうしよう・と思えるアイディアも浮かばずに
取りあえず置いておこう・・・が・・長年になって^^:

ボタンを付けたらどうかなと、引っ張り出して見た。

CIMG9683.jpg
覗くのが楽しみだった、アジアの布の店が閉店セールと
聞いて、駆けつけた20年前。
注文のベッドカバーの縁取りに良いなぁと眺めていた
染め布を、半額で手に入れたっけ♪


マフラーの半分位の織り布のテーブルセンターが、
染め布が多い中で、柔らかい色の織りが目を惹いて。
綿と思えないフンワリな手触りに惹かれて
自分用に700円で手に入れて^^

10年ほど置いたままで、有る日この先
もしも病院通いなんて事になったら、薬に手帳に・・・
なんて思って巾着に(笑)
幸い、そおいう事態無く来れたけど
この先どうか判らないし。
ちゃんと完成させとかないとね^^:

う~~ん・・・やっぱり刺し子糸で刺したいなぁ・・

と、アイディア降臨を待ってる巾着です。



CIMG9685_20200705013703c7a.jpg
マスクに使って、残り少なくなった絣の麻布。
形にして残しておきたいから、ドイリーにしようと
思い立ってカットしたは良いけれど・・

何度も水を潜った薄い麻布は、真っ直ぐ縫うのが難しい。
まち針を多くして、よれないよう気を遣って
久し振りに、首・肩コリコリ><


CIMG9686.jpg
孫のマスクは手縫い糸の太いので、やっつけたけど
これは真面目に向き合って、でも細い手縫い糸が無いから
ミシン糸を使ってみた。

この糸、ワゴンに山積みのなんだけど
ほんの少し毛羽立ってて、薄布にも添って浮かばない♪

シャッペスパン60番より、きもち太めで
私には、いろいろと使いやすいのに、
ワゴン・・・もう仕入れないって事?
も少し、買っとかないと!  と 急に焦る^^:




てづくり・縫い編み | 08:23:46 | Trackback(0) | Comments(2)
麻の絣でマスク ウルイ
CIMG9659.jpg
蒸し暑さの雨が止んだので 散歩へ

お洒落な庭のお宅は、道路沿いも花がいっぱいで

CIMG9656.jpg
アチコチの道端で広がり放題で、雑草扱いのセダムだけど
万年草の名の通りに強く、庭の縁取りなどに
手入れされてるのは見事に綺麗。

鉢に植えられてるのを初めて見た。

可愛い♪

CIMG9657.jpg
あっ・丸葉マンネングサだ!



ブルーベリーもたわわに実を付けて。


畑の方に行ってみようかな。


CIMG8299.jpg
5月中頃に伸び始めた ウルイ(オオバギボウシ)

派手に渦巻いて伸び広がる葉が 面白くて見飽きません。
初夏の山菜としても美味しいウルイですが、生でも食べられて
蕾も食べるそうですよ。

☆ ウルイの蕾の和え物



CIMG9577.jpg
強く逞しい、だけども繊細で
さとみさんに重ねてしまう。

今年も会えたよ。


CIMG9579.jpg
あぁ・・ きれいだねぇ・・



CIMG9627.jpg
あ、降ってきた

乾いていたクローバーの原が、シットリ落ち着いて

シロツメクサ も

CIMG9625.jpg
アカツメクサも

喜んでいるよう。


CIMG9601.jpg
アパートの階段の壁に、蛾や昆虫がよく止まってるのだけど、
今日は、茶のグラデーションが美しい蛾が。

だけど身を曲げてるのは なぜ?

名前は?と検索するも、判らず・・



 ・ ・ ・


CIMG9680.jpg
肌襦袢の袖口の綿レース と 麻絣 の マスク

前に送ったマスクじゃ、暑くて息苦しいよねと
電話を貰ったついでにマスク話。

浴衣の青い柄が涼しげで、気に入って使ってるよと。

涼しげなだけで、裏地は目が詰まった生地だし。
ちゃんと涼しいのを送るね。

っても、暑い時は何を使っても暑いんだけど。
密じゃなければ外せばいいし・・

緊急事態宣言解除後のコロナ感染者の増加に、
解除するならするで、緊張感の更なる維持を求める
言葉が有ったっけ?

まだまだまだ だよね。

経済と感染抑制の難しさ。


CIMG9681.jpg
親のを仕立て直して子どもに着せたと言って
貰った、麻の絣の浴衣の端切れ。

着た子は、もう60を過ぎてるから
いったい何十年前の絣なんだろう。

白が変色したのか、元から生成りだったのか
くれた人も、そこまでは 知らね って。

シャキッと凜々しく、洗ってもくたびれない麻。

染みも破けも有るけど、糸になるまでの手間も、
糸を括って模様を染める
その複雑な手間と知恵を思うと、捨てるなどトンデモナイ。


孫のマスクにした小絣と2種しかないけど、
綺麗なところを繋いで
夏のドイリーにしようかな。



激しい豪雨が続いて、九州や関西方面
これから関東、北陸、今日明日には
三陸沿岸へと雨が降り続いて。

土砂崩れや川の氾濫など、激しい被害が出ませんようにと
TVニュースをハラハラしながら見るこの頃です。

どれだけ心も経済的にも大きく疲労するだろうかと
毎年の床上浸水に襲われる地域を思う・・


激しく降る雨の中の午前4時、それでも雀達が鳴き出しました。
餌を求めて飛び出すんだろうか?
お腹を空かせて、止むのを待つんだろうか?




てづくり・縫い編み | 04:09:10 | Trackback(0) | Comments(8)
がま口になれなかった巾着

ジャガイモ畑 と


CIMG9539.jpg
ニンニク畑

ニンニクの花茎が、鳥が飛んでるみたいにヒョロ〜ン



CIMG9571.jpg

おっきくなぁれ


CIMG9554.jpg
ニトリの近くの北上川の

CIMG9552.jpg
川辺にクルミの樹が並んで
実が沢山付いてるんだけど、川に落ちて
流れて行ってしまう急斜面なのが残念で。


CIMG9586.jpg
台所の前に沈む夕日

夏の西日の暑さ対策に遮光カーテンで目隠しだけど、
だけど
西向きのおかげで凄い空景色が見られます♪
こっちにベランダが有ったら素敵だったのにな。


 ・ ・ ・ 


CIMG9595.jpg
がま口にするつもりで編んでいたのに、
金具にちゃんと付けられない。
やり直しても、凄いいびつになってしまう。
なして~~~~

去年ちゃんと出来たのは ビギナーズラック???

諦めて、巾着にしました^^:


CIMG9597.jpg
レース糸のも
同じくで、

CIMG9593.jpg
コロンと丸い巾着になりました。

飴っこ一袋分が入るくらいのミニサイズです。


ビギナーズラック? だったの?



CIMG9598.jpg
ケイトシスターズも進行ちゅう^^




てづくり・縫い編み | 02:13:33 | Trackback(0) | Comments(8)
夏用マスク

風に揺れて、楓の青葉と種の枝が涼しげです。

CIMG8698_2020061002101267e.jpg
道に落ちたアメリカ楓の種が可愛らしくて、
何枚で丸くなるかなと
並べてみた。


CIMG9220.jpg
スグリも随分と実が大きくなって、


CIMG9206.jpg
ヘビイチゴの赤い実と葉が、地面を覆っています。

甘みも酸味も無くて、食べても美味しくはないけど
砂糖とレモンをどっさりでジャムにすると、
美味しく食べられるとか。

鳥さんも食べないのか、綺麗に丸いままです。
甘みも水分も無いからかな。

足元を埋める緑の中の赤い実・・
それだけで、嬉しくなる景色です♪


CIMG8183_202006100210066f9.jpg
先月は カップルつくりにチュンチュン騒がしかった
雀達も、
卵を抱いてる一時の息抜きなのか、
ヒナの餌を求めて忙しい合間の日向ぼっこなのか。

朝の空は、ウグイスとカッコーとシジュウカラと山鳩と雀が
目覚ましです^^

ホ〜〜ホケキョ〜とゆったりだった鳴き声が、
この頃は ケキョ・ケキョのホ-ケキョと短い。




少し前に作っていた夏用のマスク
CIMG8366.jpg
寒い間は温かくて良かったマスクも、
暑くなると息苦しいから、薄手の生地で作りたい。

いつか何かに袋をガサゴソしたら片袖発見。
母から貰った夏の肌襦袢で、
身頃分で孫のおくるみを作った残りだ!

目の粗い薄手木綿の短い丈のだった。
袖ぐちが綿レース♪
片袖しか無いけど、家族分は出来る^^

都知事のマスクほど豪華模様じゃないけど^^:
嫁と私のは、袖口のレースを表にして
表も裏も襦袢の袖から。

孫のと孫パパのは薄手の綿を表に、裏布を
袖から裁って。

気持ち良く使っています。



だけど、連続の30度越予報が出た3日前。
CIMG9277.jpg
学校では、教室でもマスク着用で、午後から冷房が入ったそうだけど、
登下校も暑いから、顔を真っ赤にして帰って来るし。
これ以上に気温が上がったら、かわいそう・・

CIMG9275.jpg
いつか袋 じゃない、お宝の麻布の小さな段ボール箱を
引っ張り出してガサゴソ。

CIMG9276.jpg
子どもの夏用の麻のキモノを解いた生地。
絣柄も涼しげです。
美しくて取って置いた極薄の麻布を裏に・・使っちゃう。

ミシンでマスクを縫うのに飽きちゃって、
テレビの歌番組を聞きながら、太めの木綿糸で
夜中の手縫い・・凄い針目><:

いつもの化繊糸だと、薄い麻生地に沿わなくて浮かんでしまう。
手持ちの木綿糸、太い糸しか無いから針も太くなって。
なので、
こんな事になったけど
ラクだったそうです^^

孫ぉ、学校の行き帰りも苦しかったらマスク外しても
良いから、無理に律儀に着けてないでね・・

もはや、マスクしてますだけのマスク・・・
学校以外は、山に行くだけの夏です。


CIMG9278_20200610021003f8f.jpg
政府から、マスクが今日、届きました。
すでに店頭で不織布マスクを買えるし、
布マスクで間に合ってるし。

人手もお金も膨大に掛けて届いたマスク・・
このまま保存かな。


世界のコロナ感染者が700万人、40万人を越える
人が亡くなって・・
世界的にはまだまだ悪化のコロナ。

手洗い・マスク・距離・・人混みに行かないでは
出来ない仕事の人も自宅の人も、まだまだ皆様
油断しないでいましょうね に、この暑さで
熱中症の危険も加わった><




てづくり・縫い編み | 03:48:27 | Trackback(0) | Comments(6)
 古いページ >>