■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
ミニチュアシュナウザー
女の子
2006・10・29生まれ
岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩
       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
梅が咲いた  ソックスも
IMG_0016 (12)
以前は庭だったらしい草地に、毎年2本だけの ヒヤシンスが咲いて、
チューリップが固い蕾を覗かせていて。

見上げると、梅が咲き出してます♪


IMG_0001 (51)
満開じゃなくても、雲が厚くて霧雨に煙っていても、


IMG_0007 (22)
咲いたよ って、いい香りが風にのって ふわり。


IMG_0012 (15)
去年は実の付きが、かわいそうなくらいに少なくて
摘むのを遠慮したんだけど、
今年は沢山なってくれるかな・・

かなりの古木です。


裁判所の「石割桜」が満開で、
岩手城址公園も咲き出したそうです。





さて、

IMG_0001 (50)
履いてもらいたい人が来てくれたので
 記念の写真を^^

お山の家の頃から、仕事が忙しい時に手伝ってもらって。
あの地震の時も、何かと気遣ってくれて。
「ててごとひろば」では、無くてはならない人で。
最後の個展も頼らせてもらった。

おやつ情報届け人&家族のような Oさんに、
長年の感謝を込めて、[初めて編んだソックス] を。

ありがとう・これからも よろしく❤︎


マルティナさんの本のとおりの目数段数を3号針で編んだら、
息子にちょうどに出来た。 靴サイズを聞いて 少しほどいて, 
つま先 編んで、 良かったぁ・ぴったりだって(^^)/

このソックスのカカトの形が、人のカカトに収まりが良いようで、
はき心地が いい そうです^^

派手に思えた この色柄も、履いたのを見ると 
ちっとも派手に見えなくて、むしろ可愛いです♪



スポンサーサイト


てづくり | 03:13:57 | Trackback(0) | Comments(5)
毛糸 と 画集
IMG_0006 (18)
青木

庭木や生垣として、特に目を向けることもないような扱いの木だけども、
今時期の新芽は 楚々とした花のような 姿です。

この美しい淡い緑が、厚くて固い葉になって。
小さな小さな白い花が、大きな赤い実になって。

冬の雪の中で、赤い実を守るように繁る葉になって。

なんだか いとおしい薄緑色。




IMG_0005 (37)
馬酔木

ふわっと風に乗った甘い香りに、見上げた花房。


IMG_0014 (11)
ピカピカの一年生に囲まれて、
代わり番こに、7人の可愛い手に撫でてもらったよ^^





IMG_0001 (49)
1枚目、すいー と編めて、
2枚目、悪戦苦戦のカカト。 ここを乗り越えないと履けないから
             必死に黙々編んで。

説明を読みながら編んで、もう 分かったつもりになって 次いって、
ちっとも分かってなくて、あれ あれ 編んでは解きの繰り返し して><:

初めての 靴下 できた。


画集のページに溶け込む 靴下。




IMG_0004 (41)
北三陸から岩手山麓に越して住んで 山の暮らし。
それまでのアメリカンパッチワークが気持ちに馴染まなくなっていって。
美しい花の布は、ここの厳しく変化する自然に身を置くと優しすぎて。

ここの風景の色の布なら沢山ある。
人様のご好意で私の手元に集まってきた古い服や古い着物。
すでに鋏が入った布たちを、
けれど、どう扱っていいものやら、とりとめもなくて。
激しく求めた空気 がここに在る のに、形にできなくて。



息子の給食費を待ってもらうような連続の お金のなさに、
気持ちが凍えてしまったとき、本屋に行きたい と思った。

なぜだろう?  まっすぐに画集の棚に向かって、
引き寄せられて本の背に、手を伸ばした 
名前も知らなかった外国の画家の絵。

車に乗せてくれた人が、 この状況でこんな高い本を買うのか・って。

通帳の残高みんなおろして 買った。
どうしても これを手に入れないと私は縫えなくなる と感じてた。

そして 牛の壁掛けが できた。

それから迷うことなく、住む地を そのまま 描いた。

オーストリアの フンデルト バッサー の画集。


IMG_0004 (42)
カカトと格闘していたら、クウーが膝にデーンと居座って
動かない。 寂しくなるほど時間が経ってた?



今、見たら お値段 4000円。 ひと月分のお米代が本代になって、
焦って注文品をこなして、野草に助けてもらってた(笑)

隅から隅まで読んでもいなくて、ただ 色の渦のようなページを
見つめてた。   


文字を読んでいないから、あくまでも私のその時の印象だけど、

きっと この画家は、怒りや悲しみの感情発露をして表現するのではなく、
胸に深く沈めた上で、淡々と絵の具を筆にのせていたような気がして。

怒ったり泣いたり大きく喜んだり、お喋りしたり、
そおいう表現が 全く苦手な私の生きづらさの根元に、
水をもらったようだった。

もらったのは
無理に表現しなくても いい という インスパイア。


指がもう、繊細な動きをしてくれなくて
仕事 引退宣言したけども、その後に襲ってきた、 何を するのか?

この一年、空っぽの気分で沈み込んで。  
友が届けてくれた オパール毛糸にのめり込んで 
手芸を始めた、出発点に戻った。


先日、手芸用品売り場で 何気なく 手に取った オパール毛糸が
フンデルトバッサー シリーズの毛糸で。

なんだかフンデルトおじさんが、ニコニコとウインクしてくれたような、
見ててくれてるような、あったかい気持ちに満たされたのでした。


26年前の 表紙が色あせた画集。
ちゃんと文字も読んで、もっと親しくなろうかな。




てづくり | 01:09:14 | Trackback(0) | Comments(9)
クリスマスローズ も カタクリも ソックス も
IMG_0016 (11)
クリスマスローズ

きっと雪のなかで蕾を出していたんだろうね。
丈も伸びて横向いて咲いてるから、
地面に横這いにならずに 写せました^^

白色が群れ咲いて、ここだけ華やか。


IMG_0043 (5)
カタクリ

近所の おじいちゃんの野草園 も、春♪



IMG_0006 (16)
水仙

ここのお宅は引っ越して、残されたスイセンやクロッカスが
ポツンと咲いていました。

片づけに来たらしい元住人のおじいちゃんが、みんな持ってって と 
言ってくれたけど。
ベランダのプランターが全部、根焼けで枯れてしまう近年の猛暑で。
ここで咲いてた方が いいよね。




IMG_0022 (5)
ドミノ編み。 紙に編み順を書いてみると メンドクサイ けど、
一個ごとに色を変えたら面白そう。


メールに届く編み物本の表紙から、中を覗けるのは覗いて、
残り毛糸で編み方を各種試しては、ヘエェのホオォってましたが。

オパール毛糸に また 会っちゃったから、
生まれて初めての カカトがあるソックスに挑戦。

すぐに穴が空くし もったいない。
いやいや、凄くメンドウクサイだろうし、
同じの二つも編むのも飽きそうだし・・・って、敬遠してた><

靴下用の糸なら長持ちするよね。この糸なら飽きないし。 
やる気出たの (#^^#)

IMG_0017 (9)
なんだか 派手な靴下 に なりそうです。


IMG_0004 (39)
すごく派手です(笑)

ミニ輪針でクルクル編んできて、

いよいよ、踵です。

ドキドキ です♪

マルティナさんの本、写真で編み方も載ってるし、きっと大丈夫。



IMG_0005 (36)
作り目を、これで やってみたら とっても いい感じです^^

伸縮性のある作り目

履き口がクルンも可愛いけど、履いてもらいたい人の好みと違うかな。
だから、ゴム編み1センチしといたよ。



IMG_0001 (46)
ジィー

ん・・  ハサミでチョキチョキ せねば だね。

天気の良い日に、おうちでシャンプーも
そろそろ、大丈夫かな♪



てづくり | 15:49:27 | Trackback(0) | Comments(8)
今日も編み編み 座布団 できた 
IMG_0011 (12)
桜の つぼみ

開花予報は、4月25日頃。
もう、今月 咲くんだね^^

ゴールデンウイークにお花見してたんだけどな・・
春が早く来て、夏も秋も冬も短かい気がするのは、
季節の境目がボンヤリして長くなってるんだろうか。

一気に紅葉して、きょうから秋・そんな季節の境目がぼけている。


北国の春の花 満開は、まだ 先ですが、

チューリップの葉が地面から、
ピョコン、ピョコンと顔を出しました♪




IMG_0008 (18)
落ちないでよぉ〜

木の枝に、長い枯れ草を結わえて、魚釣りごっこ。

見てる こっちが 冷えてきた・・



IMG_0005 (32)
小雨が降ったり止んだり。

ダウンコートを脱いだ分、寒く感じる 雨のこの頃。

2~3日、ぜんぜん歩く気を見せないので、
腰をカバーする服を着せたら、クウーさん 凄く元気に
歩きました。
冷えて、すこし腰の痛みが あったのかもしれない・・

気がつかなくて、ごめん(TT:)


言葉が通じたらなあ・・って 思う こんなとき。
気を引き締めて、見守らなくては。

また、雪マークだねえ・・




IMG_0002 (36)

美しい編み物   じゃなくて


IMG_0005 (31)
ちっとも 美しくない編み物^^:

とにかく 使い切りたい 残り糸・


IMG_0003 (31)
ジジババくさい 座布団 できた(笑)

中身は、孫ママが車で使っていたシートクッション。
大きめに作ったから、洗って縮んで、ちょうどになるかな。



また、前の続き

町内の子供たちと群れて遊ぶのは楽しかったけど。
商店街の子供たちは、家族総出の稼業を手伝えるようになると、
みんなで遊ぶことも無くなっていって。

家業の手伝いはいろいろだったけど、
殊に注文品を包装紙で包むのは
厳しく見張られて、紙一枚も お金なんだぞ、  ぐずぐずに
包むな、余計な折り線をつけるなと、見張られて緊張して。
兄妹、みんな、いろいろ仕込まれたと思う。

さらに、父は、私だけを台所に呼んで 
漬物したり料理をしたりを よく見ていろ と。
中学生になったとたんに、今晩から晩御飯は お前が作れ と。

そおいう魂胆だったか・・わたし、長女。

やらせてくれないで、見てるだけだったのに、
今晩から任せるから って !!
食べる人 から 作る人へ。

11人分の晩御飯。 
サータイヘン。
料理の本や暮しの手帖、でも何より 見てたのが 一番 役に立っていた!


あれこれやってみるのも面白くて。
聞いて教えてもらうより、やってみて こうなるんだぁー が
楽しくて、だから 失敗作も食べさしたけど、
父は、黙々と食べてくれて、美味しくできたときは うむ と食べた。

自分でも、 これは いかんわ と思ったのは
レーズンだらけの レーズンパン。

レーズンが少ししか入っていない 売っているレーズンパンを
食べながら、レーズンがいっぱい入ったレーズンパンが
頭に浮かんで やってみた。

いかんかった(笑) 美味しい分量 を 思い知った。


そんな合間の編み物は、自分だけの楽しい時間 で。
やっぱり 教えてもらうよりも こうしたら どうなる? と
やってみるのが面白くて、のめり込んで いた。


生活を支えてくれた 縫い針。
心を安定させてくれた 編み針。

年が増えて、針を持つ指が辛くなっても、こうして
編めて、新しい編み方や新しい毛糸に出会えて。

作る時間を作るために、人付き合いも極力減らさなければなくて、
ほかの楽しいだろうことは、何もしないで、
生来の性格も一人の時間が好きで、
だから私のこれまでって、ものすごく世間が狭くきたけれども。

人と比べて、不満に思ったりしないでいれたのは、
きっと、子供時代を 子供らしく過ごせたから なのだと思う。

自分が嬉しいこと を いっぱい発見してた。


いつでも布や糸で何かを作ることに夢中でこれた これまでの時間。

これからの時間 は、編み物に夢中で過ぎていきそうです。

布う楽雑記 じゃなくて 編み物雑記 だね^^;


編み物三昧の 長い言い訳 でした  ぺこり。


まだね、息子のキルトが待っている。
気温も上がってきたし、針を持つ指も動くかな。
しつけかけ しなきゃね^^

孫〜 ブッ散らかし のおもちゃ、片ずけてぇな・・




てづくり | 02:35:25 | Trackback(0) | Comments(4)
柏の木 も 編み編み も
IMG_0010 (9)
柏餅の葉でおなじみ の 柏の木。

この木の葉は、次の葉が出るまで落葉しないので、
借金をする時は、
「柏の木が落葉して、裸木になったら返す」と
約束するといいんだぞ なんて、昔、聞いたなあ(笑)


端午の節句に、柏餅をつくろうか? って聞いたら、
保育園で食べるから いい  んだって (T_T)

みんなで食べると 美味しいものねぇ 。




IMG_0008 (16)
残り糸消費ちゅう。
オレンジとか明るい色で囲みたいけど、

有る糸で  に こだわって。


使いたい色 一色につき 100円 でも
買った つもりで 貯金して、秋になったら、
マルティナ毛糸を買って
ちょっぴりでも  支援。


Oさん、 ジジババ色だ(笑)
わたし、 うん、ババだもん(受け入れた)^^




前記事の続き だけど、


昔はテレビやゲーム機どころか、映画館も無い田舎町だったから、
子供はみんなでカルタやトランプ、
おはじき、お手玉。  ゴム跳びや かくれんぼ。
雪道で、バトミントンや雪合戦。 車も少なくて。

寒中修行のお坊さん達が通る時は、静かにしてた。

町内の子 みんなで おにぎり持って、遠出して、
川で遊んだり 犬に追いかけられたり。
大きいお兄ちゃん達が、みんなじっとしてろ って、自分達が
犬とにらめっこして 小さい子を かばってくれたり。

がけ崩れの斜面で、ゴロゴロ転がったり。

古タイヤの山や、貨車に積み込む 丸太の山に もぐりこんだり。

いま思い出せば、よくまあ 無事に! って 思うことばっかり。
そおいうこと
親には言わなかったなあ・・みんなの秘密で。

みんなの家は 自分ち って感じで、屋根に干してる
お布団でゴロゴロしたり。

引っ込み思案で無口な私も、なんとか後ろに 付いて行ってた。

それでも時間がたっぷりあったから、編み物に夢中になって、
いまも編んでる 。

小学低学年までの、あの日々は、 
なんて のびのび していたんだろう。

って 思えるのは、何事も無かったからで・・

家電製品が家庭に出現して、車が増えて、子供の日常も変化して。

昔が良くて、今はダメだとは思わないけども、
今の方が、100倍も便利で楽だけど、


いまの子供って、不自由 だなあ・・

その分、親と近く いれるけど・・




IMG_0008 (17)
馬アキレスを 今日も ガシガシ。

散歩に出ると 雨が降る・・




てづくり | 01:05:07 | Trackback(0) | Comments(2)
 古いページ >>

FC2Ad

まとめ