FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・19 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
お正月飾り
CIMG5746_2020010500262257e.jpg
道端に、お花は無いけども
お庭や玄関先には
綺麗な姿を見せてくれてる



花キャベツが。


CIMG5748.jpg
葉牡丹という美しい名前も持っています。

その気になれば食べられるそうですよ!

花キャベツ



CIMG6182.jpg
クリスマスローズも^^




CIMG6284.jpg
拾って来た水木の枝は短くて、でも
作ったお飾りの数に丁度でした。

つるし飾り作りのベテランさんが、テレビで
印も無く5弁の梅を手早く作っていらして
真似してみたけど、5分割の難しいこと!

お餅を丸めて枝に沢山付ける、こちらの
小正月のお飾りの雰囲気も少しは出たかな?
毎年、少しずつ増やして行けたら良いな。

ここだけホワッと暖かく感じさせてくれる
お飾りを見上げています^^




てづくり・縫い編み | 01:20:19 | Trackback(0) | Comments(6)
今年もどうもありがとうございました




CIMG6053.jpg



CIMG6017.jpg



CIMG6183.jpg

今年も、たくさんの応援を
ありがとうございました。

新しい年が、皆様が健やかな一年でありますように。






CIMG6187.jpg
来年の干支はねずみ年、だけど
兎さんを作って、作り納め^^:


新しいお飾りで新年を迎えられるよう、
今、仕上げちゅう。

久し振りの、細やかな針仕事は
とても楽しかったです^^




てづくり・縫い編み | 01:56:58 | Trackback(0) | Comments(6)
クリスマスだから

日中はチラホラで、夜間にさっと降っては
屋根を白くして、すぐに溶ける気温3~マイナス2度が
続いて、


CIMG5905.jpg
雀たちのご飯も、

CIMG5908_201912211742482e8.jpg
なんとかなっていたのだけど、




今日は朝の雪が溶けないから、ご飯が無いねぇ・・
オートミールと砕いたクッキーを蒔いたからねえ。



CIMG5902_20191221174249e24.jpg
枯れ茶色の景色が、清清しく白に染まって


CIMG5903.jpg
草の下に手を差し込んで、ソーッと持ち上げれば
面白氷り・・と、見て帰ったら






CIMG5875_20191221174247954.jpg
ただいまぁ〜も忘れて
見て見てぇーー!

ポケモンのオドシシみたいでしょ!!


同じ事を思って、やって、持ち帰る 孫





CIMG5912.jpg
ボンドを水で薄めて糸を浸して、グルグル

上手く固まってくれるかな?


くっつかないクッキングホイルって、セロテープも
くっつかないのねぇ・・!


クリアファイルで型を作って、ホイルで巻いて。
セロテープが付かないから、上をねじって底を折り込んで。
3倍に水で溶いたボンドに糸を浸してグルグル。
乾いたらホイルごとスポンと外してホイルも外して。

去年の孫の、光が漏れない毛糸ボンボンのリベンジ(笑)
今度は透ける灯りに満足できそうです^^




てづくり・縫い編み | 18:28:35 | Trackback(0) | Comments(8)
クリスマスだから 雪ん子 を

ご心配頂いて、ありがとうございました^^:

なんか身体にチカラが戻って来たようなので
久し振りに 外への 夜散歩を少しだけ。

ナナカマドの実の赤が、ライトに映えて綺麗でした。

気温4度も有るのに、ホッカイロをおなかに貼って
マスクもして 重装備です^^:
けつまずかないで 歩けました(笑)


 
CIMG5881_20191219023227359.jpg
長めのリストウオーマーを編んで、ふと 
昔、5本指手袋で「指人形」を作っては皆で遊んだのを
思いだしたので、これで  もっと単純に作れそう と。

編み初めの残り糸を通して絞って止めて、


CIMG5880.jpg
薬箱のガーゼをザクザク縫って、お米を入れて
ギュッと絞って止めて 2個。


CIMG5886.jpg
3等分を目安に
(等分だと、頭でっかちすぎですね^^:)

お米を入れて、毛糸で ギュッ
もひとつ、お米を入れて 毛糸で ギュッ。

残りを 被せて 帽子に。


CIMG5890_20191219023230fb4.jpg
マフラーもして、雪だるまボーイ♪


これ、クリスマスが終わったらギュッ・ギュッ を
ほどいて、リストウオーマーとして使います。

中のお米は、もちろん食べます^^


出来上がりの高さ・12㎝
ダイソー・シャギーヤーン
8号棒針
26作り目を輪にして 
表編み・42段
ガーゼに書いた円の直径・12~13㎝のお茶碗で

細いフンワリな糸で、小さめに作ったら
もっともっと可愛らしく出来そうです。

  

   ・ ・ ・ ・ ・


以前に、NHKで放送した土曜ドラマ「澪つくし料理帖」
美しい映像とピッタリな音楽に出演者に大喜びするも、
この終わり方で 終わり?!!

と、小説の方を何度も読み返しているファンとしては
この中途半端さを、どうしてくれんのよぉーーー!でしたが

2年経って、この12月初めに総集編を放送し、しかも続編が
年末スペシャル前編・後編で帰って来た!

総集編を録画して、
前編が放送されて録画もして、繰り返して見ながら
後編を待ちわびています。

文庫で全11巻の小説だから、あちこち端折ってるのは
うなずけるけど。
でもまぁ、すっ飛ばすのが 話の芯 なのがエッ!な
ところも有るけども、
テレビドラマとして、とっても良い作品になっていて、
後編も無事に録画すれば、
この先飽きずに ずぅーーっと 何度も見られて、
文庫の小さな文字が読めなくなっても、「つるや」の
みんなに、画面で会える♪
あと1回で、話の最後まで持っていくのかな・・

役者さんの身のこなしやセットや小道具など、
もう、NHKでしか 安心して見られる時代劇が作れ
ないのかな・・

出演者全員とても良いけども、前から好きな
森山未来さんが、小松原様を素晴らしく演じてくれて!
と、いろいろ スペシャルな この年末です!




てづくり・縫い編み | 04:24:35 | Trackback(0) | Comments(8)
つるし飾りを作りちゅう

気温7度~0度の日
去年は沢山の実を付けたから、今年は ちょっと休憩で
実が少ない ナナカマド
来年はきっと、どっさりと実が付くはず。


CIMG5762.jpg
干涸らびて黒くなったアケビと、ツルがゴッチャな 実。
これは何ーーー???
あちこち検索ちゅうです・・・出てこない。


CIMG5864.jpg
キジバトさん
歩く姿を初めて見たので、遠いけど
暫く眺めてました。
いつもは、木の枝に居るのを下から見上げたり、
ひととこで、草の実を啄んでたり。

餌を探すふうでもなく、ただ歩いてました。




CIMG5855.jpg
ブロ友さんが、つるし雛飾りを作ってみませんかと
絹布や型紙やらセットにして送り届けて下さったので
やる気になって、楽しんでいるところです♪

これは、以前に作った事がある さるぼぼ を
思い出して、セットには無いけど指ならしで
手持ちの布で、男の子を。
孫が元気で成長しますようにの願いを込めて。

CIMG5856_20191213230533d22.jpg
手と足を小さく付けたかったけど、小さすぎて
指が無理っていうから着物の中に隠れてる
と思うことにして^^:



さて、送って頂いたセットのを。
CIMG5871.jpg
生涯元気に歩けますように の 草履

ブロ友さんがご自身のブログに、草履の作り方を
アップしてくれたので、そうか!と
カカトも無事に出来ました^^

ほんとにこれでいいのかな・・?


CIMG5849_20191213230523c65.jpg
魔除けの狛犬・・やっぱり垂れ耳で

CIMG5848_20191213230524237.jpg
クウーさんぽくなった^^:
シッポが長いけど。

来年の干支のネズミも作って、お正月飾りにします。
台風で折れた 水木の枝を、拾ってきて良かった。
短いけど、赤い枝。

こちらでは、旧正月に水木の枝にお餅を丸めて
枝に付けて飾るのだけど、それらしくなるかな^^



一緒に届いたサプライズ
CIMG5829.jpg
ブロ友サンは、ミシン刺繍がお上手です。

ワッペン
これは、解る人は解るよね^^
池の畔のクウーと孫の後ろ姿!!

これを選んでくれた事に、ステッチの表現に、
あ・・・と、口がパカンと開いたままだった^^:
ジワンと目がウルム・・


CIMG5830.jpg
縦4㎝の小さなワッペン5個

クウーの写真と首っ引きで、面倒なソフトを作って
ミシンにセットして・・

そおいうのは、やったことが無いけど
想像するだけでも大変なのは解ります。

どの写真を見ながら作業して下さったかも解ります。

お気持ちも、お時間も、有難いです。
ほんとに、どうもありがとうございました!


CIMG5831.jpg
クウーが いる!!♡




てづくり・縫い編み | 01:16:46 | Trackback(0) | Comments(4)
 古いページ >>