■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
ミニチュアシュナウザー
女の子
2006・10・29生まれ
岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩
       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
ことしも ありがとうございました!

可愛い  って ちゃんと思えるよう、

小さな命の健気さを、ちゃんと見つめていられるよう、

IMG_3830_20151231002454ad4.jpg
ちゃんと 綺麗 って 思えるよう、

年々、気持ちが重くなるばかりの世界の動きに
溜め息をつきすぎて潰れないように 
美しい物を美しいと 感じる心を
失わずに いたい。

実際には何も出来なくて、それでも 目を逸らさずに見つめていたい。

世界の日本のシュプレヒコールが、風に流されて消えないように。


IMG_3872_201512310023424f8.jpg
大槌町からの手紙。

第8仮設住宅での ててごとひろば の講習会に参加してくださった
20名の方々も、それぞれに 新たな暮らしが始まって。

手紙を書いて下さった5名のうち、残っているのは、
自宅再建のために土を盛る工事の完了を待つ3名とのこと。

今回手紙を下さった74才の方は、復興住宅に入れたものの、
一緒に暮らしていた息子さん家族との6人で住める部屋がないので、
息子家族は1号棟で3DKに、
私は3号棟の部屋2DKに、一人で住まって居ます・・と。

よく見る四角い5階建ての復興住宅が各地に出来て、
仮設住宅から出られても、家族が離ればなれの家庭もある。

緑の植物を配した、家族で暮らせる復興住宅のはずだった。
建設許可まで出ていたのが変更になったのは、
オリンピック誘致で、資材高騰と人手不足になったから。

この方の手紙は、決して淋しいとか書いてはいないのだけど、
寂寥感が伝わってきて、やるせなくなるのでした。


お孫さん達が、毎日、学校帰りに寄ってくれるのが楽しみでも、
ドアが閉まれば ひとり。
ご近所さんと繋がりができますように・・



IMG_3866_20151231002341d44.jpg
こんな キラキラのツララが伸びた夜の



翌朝は、


IMG_3855_2015123100234012c.jpg
道路もツルッツルの氷面で、
クウー、頼むから引っ張らないでね と
気合いを入れた ペンギン歩き で 散歩です^^




IMG_7725_20151231002342a13.jpg
今年も 仲良くしてもらって、
どうもありがとうございました。

みなさまの新しい年が、
穏やかな笑みの日々でありますように。




冬靴を、クリーム塗って磨いたら
さあ、冬将軍もどんと来い って
気持ちが大きくなった年の暮れです(笑)


スポンサーサイト


ててごと | 02:46:14 | Trackback(0) | Comments(4)
ててごとの幸せな日 と 追記 感じつづけてきたこと

雨上がりの散歩で見つけた
ほんとに ほんとに小さなお花のゲンノショウコ。
激しい雨にも負けずに、大丈夫って。
ほろっと見つめたピンクが 胸に染みる。


先月末に

IMG_3067.jpg
ててごとのお疲れさん会 して、久し振りに集まりました。
といっても、引っ越しに看病にと、集まれた3人での慰労会です。

お母様の看病のSさんが動けるようになったら、
また集まろうねと約束もして^^

恒例の おやつ持ち寄り♪

中華風炊き込みご飯のお握りと自作のチーズケーキは、にっこママさん。
珍しい 花林糖を見つけてきた Oさん。
私は、この間の ベランダに干していた サツマイモを焼き芋にして。

いつもながらの、チーズケーキの美味しさに拍手〜

あれやこれやで今頃になったけど、昨日も会ってたみたいに
お互いの間に、これっぽっちも隙間が無いのが嬉しかった^^


IMG_3064_201511100702354b2.jpg
はしゃいだクウーさんも、満足そうに ひっくり返って寝てました。

クウーも、いろんな経験させてもらったものね。
いつでも、ちゃんと場をわきまえてるように居てくれて、
お疲れ様でした だったね^^




大槌町のててごとさん から、お手紙が届きました。
作品の写真も。
見本として届けたから、私の手元にはなにも残っていないので、
この写真も、とっても嬉しい^^


IMG_3296.jpg
間に立ってくれた支援員さんの、初めての活動と忙しさと、
お互いの遠慮が有ったと思いますが、
集会所に集まって作業して下さる皆さんのお気持ちが、こちらに伝わらずに、
喜んでもらえてるのだろうか、上から目線になっていないだろうか、
このまま続けて、ほんとに皆さんのお気持ちに沿えているのだろうか・・
ただでさえ忙しい支援員さんの負担になってるのでは・・とか

ブログを通じての応援して下さる皆様の気持ちを、
ちゃんと伝えられてるのだろうか
家族までを巻き込んでるし・・
仕事で疲れてるのに、時間を掛けて書いてくれるOさんも疲れてるなぁ・・

など、いろいろ辛いときも有ったのだけど、
自分がやりたいから やってる事。
見返りを求める気持ちは無かったのです。

だから、3年経ってほんのり笑顔の写真が届いたとき、ほんとに
ほんとに嬉しかった。
写真が届く度に、明るくなる笑顔に、こちらも元気にさせてもらって。
だから、もう それで十分と思っていたのに、このお手紙が。

ここに集まれないメンバーに、応援して下さった皆様に
お伝えしたいから、書き移しておきますね。


        
   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


☆ 小国さんより
長い間 私達を支え続けてくださり、
ほんとうに ありがとうございました。
良いにつけ悪しきにつけ、いまの生活に慣れてきている今日この頃です。
私達が一番心身共に きつい時期、いろいろの手仕事を支援して下さり、
皆 集まって笑顔で談笑し。
不器用な私は、心の中で見本のように出来るかなと想いながら、
支援員さんのやさしい指導のもと、一つ一つ物にする事が出来、
思い出の宝物になっています。
今後また、せっかく慣れ親しんだ人達と別々の所に住む事になりますが、
この第8仮設の思い出を大切に歩んで行きたいと思います。
  

☆ 古館さんより
ててごとをとおして、私の作品が一つ一つ増え、
皆で集まり お話したり笑ったり、
いっぱい 思い出、ありがとうございます。
皆様のあたたかいご支援に感謝の気持ちで いっぱいです。
大槌の復興を 見守って下さい。
皆々様 お元気で!!
ありがとうございます!


☆ 小国さんより
前略 ごめんください
長い間 色々の品物 作らせてもらい
ほんとうにありがとうございました。
私事、82才の老人ですけれど
若い人達のお世話になりながら、楽しい時間をすごさせてもらい
ほんとうに皆様に感謝しております。
長いこと 今まで、ほんとうにありがとうございました。


☆ 越田さんより
ててごとのみなさんの支援のおかげで
色々の物を作ることが出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございました。


☆ 柏崎さんより
いままでいろいろ ありがとうございます。
これから何も無くなると淋しくなりますが、
一生けんめい がんばりたいと思います。
ありがとうございました。


☆ 小国さんより
前略
手芸事が苦手な私でしたが、ててごとさんの支援のおかげで
チクチク縫う作業が好きになれました。
一針々縫いつなげて 物を作る。
「完成した時の満足感」「作品に寄せる愛おしさ」
なにか心が豊かになっていくように感じます。
たくさんの作品にチャレンジさせてくれて
ほんとうにありがとうございました。
これからも心に豊かさを感じながら進んで行きたいと思います。

皆様のやさしさとご支援に感謝します。
お体に気をつけてお過ごし下さい。
また、出会いたいと願っています。


     ・ ・ ・


お気持ちを 届けて下さって、
ほんとにありがとう。 感謝します。
わたし、じわっと うれしなみだ

終わりじゃ  ない まだ




あくまでも私の感じたことですが・・
あの大きな不気味な揺れの中で、海のことが咄嗟に浮かんだのは、
幼い頃から大人たちに津波の恐ろしさを言われ続けていたからで。
私の祖父は明治の三陸津波で、身ひとつで県南から県北へと
逃れた避難者であったことなど、その恐ろしさを聞かされていた。

高校生の時の八戸沖地震、山で暮らしていたときの岩手山の
水蒸気爆発による地震、それら経験してきたどの地震とも違う
異様さに声も出なかった あの時。

テレビの映像に立ち竦んだあの時・・
でも、実際にあの場に立ったときの恐怖は、遠く離れて見ていた時
とは かけ離れていて、自分の何かが体から抜け出て行くのを見た。
寄せられた瓦礫が地面を埋め尽くしていた頃で、
すでに人手が入っていたにもかかわらず、そこは生々しく
恐怖を伝えた。

支援というけれど、温かい気持ちをというけれど、そんなものを
嬉しく思えるゆとりも無いだろう凍えきっているだろう人達に
それでも何かをと思わずにはいられなかった。

内陸でも、赤子を抱えてミルクが手に入らずに半狂乱の母親を
なすすべも無く見つめるしか無かったり、辛いことは多く
有ったけれど、でもそれらは長く続くはずがないとも感じられた。

津波から生き延びた人達の本当の心の苦しみはこれから始まる。

私に出来ることなど、なんの助けにもならないかもしれない。
けれども柔らかい布を手に、ひと針進むその時間が
せめて、その時間だけでも苦しみを忘れる無心の時間になったら
・・それを積み重ねられたら・・

でも私には、皆さんの気持ちを離れた所から聞けなかった。
ただ黙々と届けたい一心での作業をして、集まって縫って
もらえていることを励みにさせてもらっていた。

経験を共にしていない者の言葉が、心を傷つけることを恐れた。
支援員さんも被災者だから、無理に問うこともしたくなかった。
ててごとのみんなに、あーだって こーだって と伝えられたら
皆のやり甲斐に繫がるとは思っていたけれど‥
報いられる情報も無いままに、作業をしてくれた人達に、
応援してくれた人達に、どう感謝したらいいのか。

届ける方も 受け入れるほうも、双方をつなげる支援員さんも、
みんな初めてで、どうしたら良いのかも分からなかった。
ただ、不躾に踏み込んではいけない事だけを分かっていた。


4年の繋がりがまた切れてしまう仮設住宅を出た後の生活が、
孤独で有ってはならないと思うけれど、せめて 時の薬と
縫い物が 慰めになってくれたら、ててごと をやって良かったと
思っていいのかもしれない。 

そんな4年に、大槌から直接に ありがとう を伝えてくれた。
嬉し涙に目が霞んでも いいよね・・


津波だけなら立ち上がれるのに‥あの頃 福島の人が言った。

福島の人々の苦しみが無かったかのように再稼働する原発。
お金が全てを許してはいけない。



ててごと | 09:41:03 | Trackback(0) | Comments(12)
大槌町のててごとひろば から  最後の壁掛け

ナナカマドの実が色づきはじめて、いよいよ秋です。


大槌町の支援員さんと、電話で少しばかり話しました。



IMG_1356_20150828010030726.jpg
葛の花  甘い香りをスンスン吸いながら、天ぷら・・と 思ったけど、
ここには一輪しか咲いてないから、わんさか咲くのを待ってるよぉ〜


あそこの仮設住宅の坂の下で建設中だった復興住宅が完成して、ここの仮設住宅からも
3名が入居したそう。  
けどね、気持ちが沈んで前が見えないって・・

ここは近いのだから、これまでの仲間とこれまでのように接すれば良いというものでも
ないんだね・・  まだ、仮設に残ってる方達への遠慮・・
これから何を頼みに暮らせば良いのか見えてこない・・

なんども心配したように、新しい暮らしには この4年間の人の繋がりが切れてしまう
という側面が有って、未来を切り拓く若者なら進めても、先が長くないと思う歳の者は
ポツンとひとり、これまでとはまた違う この先への孤独を噛みしめてしまう。
あの日までを生きていた証が何も無い部屋で。

それこそ支援員さんの訪問がこれから必要なのに、予算の大幅削減で人員削減。
あの、競技場のドタバタの違約金! 
きっと、どこの被災地も このへんの事情は同じなんだろうね。



IMG_1357.jpg
ヘクソカズラ (ヤイトバナ・サオトメバナ) 
酷い名前をつけられて気の毒です。多くの虫たちの命を養ってるんだよねぇ。
細い細いツルに沢山の小さな花が可憐です。


電話の向こうで、まだまだ頑張る! って力強くいう支援員さん。
ホントは疲れが滲む声でした・・無理も無いよね何倍も受け持ち地区が増えてるんだもの。

なにか出来ることがあるだろうか・・




写真が届きました^^
3カ所のみなさん、完成でしょうか。


DSCN1508.jpg
ててごとひろば の 最後のお届けのセット・「ログキャビンの壁掛け」




DSCN1526.jpg
写真に添えられたメッセージです。

大変、ご無沙汰いたしております。
朝夕、涼しくなり秋を感じる今日この頃です。
みなさん、お元気でしょうか?  住人さん方は、皆さん変わりなく過ごしています。

ててごとの最後の壁掛けが完成しました。
盛岡のててごとの皆さんをはじめ、全国のボランティアの皆さんの
温かい気持ちのおかげで
慰められ希望を持ち、楽しいひと時を提供してもらい
1人でない事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


 ・ ・ ・ ・ 


5度目のお盆を、みなさん どんなお気持ちで迎えられたのでしょう・・

今年は残暑の無い、いきなりの秋の訪れでなんだか淋しい気持ちになりますね。

そちらの住人さん方の多くは、以前の家のあとへ住むことを希望なさっておいでとの事。
だから、まだ仮設住宅での生活が続くんですね。
以前とは違う景色になっている 元の場所 に戻ってからも、
この3年間の ててごとの皆さんでのひとときを、
縫い物した事を胸に、作り出す時間を楽しんで貰えますようにと願っています。

ささやかな贈り物でしたが、皆さんの喜んでくださる笑顔が喜びでした。
こちらこそ、ありがとうございました!

P・S   またね、キモノ送りますので、何かにしてくださいね^^



  ・ ・ ・ ・


ててごとひろばの活動も、最後の壁掛けの完成で終了となりました。
最後のご挨拶を。

ひとりじゃないから、続けてこれた事でした。

一緒に作業してくれた皆さんに、
ててごとひろば に材料を提供してくださった沢山の方々に、
そして、このブログ上で応援してしてくださった皆様に、
支え続けて頂いたことに、支援センターやジルチクリエイトでの活動も含めての
5年間に、心からの感謝とお礼の気持ちを込めて

ほんとうに ほんとうに ありがとうございました!!

                 

P・S  こっちの ててごとの皆さんに、ごくろうさまのお茶会しようねと
    言ったのに、暑さに負けて動けなんだ^^
    もう少し元気になったら 連絡しますね・





ててごと | 03:41:23 | Trackback(0) | Comments(6)
大槌町の ててごとひろば

夕暮れ散歩
あかね色に空気が染まったようだね。
目に映るものみんな 同じ色に染まってる、にじんでる。




IMG_0709.jpg
イタドリの花
風にゆらゆら・・ 涼しくていいけど ピントが合わないって
カメラが悩んでます・・


IMG_7972.jpg
ハハコグサ も、ゆらゆら。


IMG_0415.jpg
車の怖さを知らないクウー。
車を見れば、にーちゃんだ〜 って突進してた頃に
車! って、グイッと道脇に引っ張っていたら
車! って言うと サッと寄るようになりました^^

クウー・いい子だねー って褒めると、
チラッと見上げて、ウフッて顔します。

でも、言わなきゃ やらないと思う。

車の怖さは知らないままだもの・・
どうやって 教えるんだろ??




IMG_0599.jpg
5月予定で届けた ログキャビンの壁掛けセット、
出来た・の連絡も無いし、もう7月だし
心配になって電話したら・・

4月から、支援員さんが40名減らされて、受け持ちが3〜4倍になって、
てんやわんわ してるのだそう。
集会所の鍵を開けて閉めるまで支援員さんの管理で使うのだけど、
1つ所に時間を使えなくて、まだ予定も立てられないでいるんです・・って。

住民さんの自主管理にしないの?  規則・・
住民さんから支援員さんを減らさないでって、要望しないの?
・・しないだろーなー・・
面倒を見て貰ってるって引け目の思いが そうさせないだろーなー
元に戻して欲しいとの要望は上げてるんだけど・・支援員さんの溜め息・・

競技場の建設費が、想像もつかない金額に増えるとニュース・・
被災県も負担を増やして欲しい・・国からの要望に知事の苦々しい表情・・
オリンピックに恨みは無いけど、オリンピックだけじゃあないけど、復興予算も公約も、
やり方に苦いものがこみ上げるよね。

被災県に震災以前と同じ税収があるとでも思ってる?
今やっと、地面の嵩上げをしてるんだよ。
そこに町が出来て暮らしていけるようになるまでには、まだまだ時がかかるよ。


与えられる から 自主的に と国が言う。
個人レベルでは自主的に動くにも、まず借金しなきゃならないんだってば。
自治体だって、税収が無いに等しいとこだって有るんだし。
県だって おかね無いんだってば・・

復興住宅に移れても、家賃は払わなきゃないし年金は減ってるし物価は上がるし。
病院に行こうにも、老人医療改正・・

ポツンとひとりで ここで暮らすことになったと壁を見つめて、心許なさに
長く堪えてきたものが溢れるだろうに・・
仮設住宅で培われた人の心の繋がりが、また 無くなる。

その時こそ、顔なじみの支援員さんが、支えなんじゃないのか。


地震も噴火も大雨も、他人事では無いこの国で、もう、記憶が薄れている。
せめて老人、病人、子供が、安心して暮らせる世の中を創って欲しい。

被害が無かった私達は、慎ましくても普通に暮らせている事を、今日を過ごせた事を
感謝して、ささやかでも微笑むことを重ねたい。
それが続く世の中であって欲しい。


ててごとの事だった^^

何十年も縫い仕事してたら、これ使ってと頂き物の着物がいっぱいで。
ひとりで全部を何かにしようなんて、絶対 無理 なんだけど、
眺めて触って囲まれてるだけで 幸せだった。
けどもう、指が・目が・歳が・・諦めな!って叫ぶから
最後のつもりの ちょっとしたこと やって ・ 今その準備に猛進?盲進?妄進ちゅう。
ひと月が 一週間にも感じないこの頃 してまっす・・

柳こうりに溢れてる着物達、大槌のててごとさんへお届けするね。
持って帰って、解いて、何にしようかって考えて縫って、
与えられる から 自主的に・・・うん、こおいうことなら 喜んで受け入れてくれる?
                          (受け入れてくれるって^^)

ブラウスに、座布団にコタツ掛け、小物、何にでも欲しいものに変えてくださいね^^
これまでの小物作りがお役に立ったら 嬉しいなぁ^^

ログキャビンも そのうち 出来るさ ねっ^^





ててごと | 04:09:18 | Trackback(0) | Comments(2)
大槌の ててごとひろば から 
DSCN1383.jpg
パックン口金のポーチの作業ですね。
縫い代付きの型紙を作ってますね^^



次は 巾着の作業。
好みの布を選んでもらえたかな。


DSCN1432.jpg
完成。
紐飾りも工夫して作ったんですね^^
皆さんの表情が和やかで、楽しんで貰えたようなのが 嬉しいです。

今頃は、ログキャビンの壁掛けを楽しんでくれてるかなぁ。

少し前にお写真が届いていたのに、遅くなってごめんなさい。
また お写真が届くのを楽しみにしてますよぉ^^



ててごと | 22:38:13 | Trackback(0) | Comments(0)
 古いページ >>

FC2Ad

まとめ