FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
ミニチュアシュナウザー
女の子
2006・10・29生まれ
岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩
       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
少し前、クウーの49日の日に

写真は、お店のマスターを見上げるクウー
嬉しくてピョンピョンして、お水をひっくり返したっけ。


良いお天気の空を見上げて
クーー  クーー  って そっと 呼びながら歩いたよ。

前夜、泣きながら寝てたみたいで、何だか淋しい気持ちが
溢れそうだから、クウーー って 声に出して呼んだよ。


は〜い って カシャカシャの音が聞きたいよ
家の中が 淋しいよ。



CIMG7137_201811070117117a0.jpg
アパートのお爺ちゃんが、あれ? クウーちゃんは?
 お空にいきました
えぇ!・・何が何でも、いつでも一緒なのを微笑ましく見てたのに
俺も淋しくなるなあ・・
 いつも声を掛けて頂いて、ありがとうございました。


ワン散歩のチワワママさんが、今日はクウーちゃんは?お留守番?
 お空に・・
涙ぐんで、うちの子も7月に・・淋しくてねぇ・・
 うん・・淋しい・・


お名前知らないけど、クウーが駆け寄ってたおばさまが
あら、珍しく1人ですか・・クウーちゃんは?
 お空に・・
いつでもニコニコ駈けて来てくれて、ほんとに嬉しかったのよ・・
暫く会わないなあと思ってたけど、そんな・・
もう会えないなんて・・と、声を詰まらせて涙を浮かべてくださって
ありがとうございました。


信号待ちしてたら青年が、こんにちは・クウーちゃん元気ですか?
 お空に・・
おれ小学生の頃、初めて触れた犬がクウーちゃんだったんです。
たびたび撫でさせてもらってました。 そうかぁ・・
  (多分、着てるコートも帽子も長年同じだから分かったかと^^:)



詳しくは話さないで、逝った事だけ話したけど、
力落とさないでくださいねって、皆さんに励ましてもらいました .。.:*☆



クウー、
人が大好きだった君は、沢山の人に撫でてもらったね。
こうして話しかけて貰ったよ。
良かったねえ、うれしいねぇ。

仏教では49日経ったら、この世から あの世へ 行くと言うけど、
ずっと一緒だと思っているよ。

でも、この日に、こんなに声を掛けてもらったなんて
クウー 何かした? って、また小さくクウーって呼んでみた。


スポンサーサイト


クゥーのこと | 23:52:17 | Trackback(0) | Comments(6)
クウーの誕生日
CIMG7060.jpg

岩手山、2度目の冠雪
雨が降らなければ、もっと白かったのかな。

お花を買いに生協に向かう途中で見上げたら、雪〜
そうだね、白鳥も来たしね。
粉雪大好きなクウーの季節が、もうじきだよ。


CIMG7062.jpg
ほうき草
トトロの隊列も、どんどん染まっています。




今日はクウーの誕生日だから

CIMG7066.jpg
療養食の缶詰に、細かく刻んで載せて食べた牛肉。

いつでも食べられるように、刻みやすいように切って
茹でて脂を落として冷凍していたのを
コロコロ牛丼にしたよ。

今はもう、なんだって食べたいものをいくらでも食べられるから、
一番目を輝かせた牛肉だし、有るだけ全部載せたから
ちゃんと噛んで食べるんだよ。

街路樹のハナミズキの赤い葉をちょっとだけ頂いちゃった。
カサコソと踏む足音が聞こえるよ。


CIMG7067.jpg
この華やかな色の額には、随分と地味な色の写真だけど、
秋の柔らかい陽射しの中を、ゆっくり歩いて
クウーが微笑んで見上げるから、
良い気持ちだねえって撫でて、ユッタリでホッコリ散歩の日だったね。




CIMG7082.jpg

もしかしたら、お空で君の父と母に会えたかもしれないね。
そしたら、早く引き離されちゃった分、うーんとうーんと甘えるんだよ。
でも
私が行ったら、迎えに来てね。



残った花をテーブルに。
白地に青いお花の缶、これ、鯖の水煮のオリーブオイル漬けが
入ってて、とっても美味しかったです^^
お洒落缶に鯖・・ちょっと へぇえ〜♪

小さな小さな瓶の花を、ここにいるよとテーブルで主張して、
うっかり倒さないよう、一役かってもらってます^^





クゥーのこと | 18:19:34 | Trackback(0) | Comments(6)
あふれそうだから
CIMG7023.jpg
胸の涙が溢れそうで手に負えないから
誰にもすれ違わないでボロボロ泣いて歩きたいよ。
クウーと週に3~4日は歩いた田んぼ道なら・・

ふと姫神山を見上げたら、

CIMG7022.jpg
風力発電のプロペラが並んでた!

クウーのリードを離して、好きに走った広〜い空き地が
こんなに家が建ち並んで、今この中に入り込んだら きっと
迷子になっちゃうね。
クウーが こっちだって おしえてくれるかな





岩手山を眺めて、春夏秋冬いつでも沢山の草花を
発見して、バッタや蝶やカエルを追いかけたね。
並んだ桜の古木で、お花見もしたね。


IMG_6795.jpg
田んぼの四季を何年も見たね
冬だって、雪が積もるとまた美しくて
端から端まで40 分の、素晴らしい道だった。

この一本道なら誰にもすれ違わずに、泣いて歩ける・・
クウーを想って歩ける。


IMG_0730.jpg
大きな木の下の、この木の家で暮らせたら いいなぁ
クウーも地面を思いっきり走れるねぇ  いいねぇ
って、見つめた家。




涙を溢れさせて、思い出の詰まった道を歩くはずだったのに・・





田んぼも 林も 木の家も この道も なぁ~~~んにも 無くなってた


CIMG6981.jpg
大規模開発 宅地造成中・・・・




ぐれた ばばん に なりそうだぞぉ~~~~~~~~~~~~~~







ドヨ~~ン で ションボリ の 帰り道


CIMG7000.jpg
逃げない すずめさんに 慰められた





クゥーのこと | 04:30:05 | Trackback(0) | Comments(2)
クウーの弟がね

クウー


IMG_0313_20180925005106f0d.jpg
いっぱい
いっぱい
いっぱい


IMG_0011_20180925005102c74.jpg
喜びと優しさを
ありがとう


IMG_3167_20180925005111f53.jpg
弟がね、クウーちゃんが いなくなったら ぼく
どうしたらいいのか わかんない って
心細い顔してね


IMG_0003_20180925005059a4d.jpg
君の胸に いるし
お空から いつも 君を見ているんだよ って
安心して もらったからね


CIMG3508.jpg
君の弟は まいにち


CIMG1616_20180925005053fee.jpg
君を撫でて

CIMG0263_20180925005051bc1.jpg
クウー ただいま って


IMG_4171_201809250051140da.jpg
ちゃんと クウーといっしょに いるよ



IMG_3474_20180925005112381.jpg
写真一緒に見ていて クウーちゃん可愛すぎるって
涙を浮かべてるから
可愛いって言った写真を 全部は無理でも
何枚か 並べておくね






たくさんの優しいコメントを頂きました。
どうもありがとうございます。

こんなにも お気持ちをかけて頂いて
クウーも私も家族も幸せ者です。

クウーは いつまでも心に生きているから、
皆様のお気持ちを胸に、これからも共に暮らします。


やりかけだった事や、やらなきゃいけないことを
片付けながら、気持ちを整えたいと思います。

ひと月くらい、お休みして 今度はブログタイトルに
合う内容で^^: 皆様と再会できたらと思っています。

昼夜の気温差が小さくなって、秋も深まってきますね。
みなさま、どうぞ風邪など引かずにいてくださいね。

あ、皆様のところへはお邪魔させてもらいますので
引き続き、よろしくお願いします。

それでは また!







クゥーのこと | 02:38:13 | Trackback(0) | Comments(7)
お山の病院へ 9月22(土)

昨夜からの雨が小降りになった午前中にお山へ

クウーが静かに逝った報告をして、
お世話になった感謝を伝えて、最後に買って手つかずの
療養食5缶を「命の会」などの施設の必要なワンに
使って貰えたらと託しました。
かなり残っていたトイレシートも病院で使って下さると。

保健所への届けだけは、自分で行きたくないと
息子に押しつけた。
平日営業のお役所に行く暇が無い息子。
電話じゃ済まないんだって。
書類上はまだ生きているクウー・・


ここでクウーが最後に見た、夏の緑も
冬の到来に備えて色を落とし、桜の葉は紅葉していて






CIMG6556.jpg
帰り道の、緑だった田んぼの稲は穂を下げて、
来月の刈り取りを待つばかり。



CIMG6558.jpg
お山に住んで居た頃の6匹の猫達からクウーまで
25年以上もお世話になりました。
もっとも、通ったうちの大半はクウーの2ヶ月分だけど・・

予防接種の春と秋の年2回、お山を間近に眺めるのが
私の楽しみにもなっていました。




CIMG6559.jpg
イヌタデ


交通事故で後ろ足骨折の子猫ちゃんがいて、孫が
一生懸命話しかけるのを見ていた先生が、動物を好きなんだねぇと
嬉しそう。  そのうちに、また猫と暮らしては? と先生。


(・・クウーが元気な頃に、このニャン見てたら連れて行くって
言っていたかも知れないなぁ・・


まだね、ぼうぜんとして いくらでも涙は出るのに 悲しいとか
辛いとか 寂しいとか、そういう感情は 何処かで待機してるらしい。

今、次の子を引き受けたらクウーの身代わりにしてしまう・・
ちゃんと嵐に見舞われて翻弄されて乗り越えられたらね、
それでまた迎えたい気持ちになれたらね、
そしたらクウーと重ねることなく、家族になれるけど。

まぁ、体力も気力もズンズン落ちてく一方な訳だし、生きてる限り
クウーは私と一緒なのだし、クウーが満たした心を
淋しさがくるんだ分、もっと重たくなったクウーを抱いてるんだし。

新しく迎えた子を、落っことしたら ヤバイべし・・)

なんて胸の中で思ってたり・・


先生、車が見えなくなるまで外で見送ってくださって、
ありがとうございました。






CIMG6560.jpg
クウーが10才超えて、歩く距離が減るにつれて、
散歩で見られなくなった景色のひとつが 田んぼ。

車を止めてもらって、眺めました。





家族が起きてる時間に仮眠して、家族が眠ってる時間は起きて
クウーを看ていたから、すぐには夜寝る生活に戻れない。

白石パンの「くちどけ練乳ミルク」パンを冷蔵庫から出して
ひとくち食べたら美味しい。
目を輝かして寄って来るクウーにダメだよって・・









いないんだ・・





そうか、こんなことを繰り返して 嵐が襲ってくるんだな・・






クゥーのこと | 04:02:38 | Trackback(0) | Comments(3)
 古いページ >>