FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
ミニチュアシュナウザー
女の子
2006・10・29生まれ
岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩
       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
八幡平 その3 山頂

またねぇ と言ってくれてるような木に見送られて
カーブ続きの雪の壁をグングン登って


カメラを構えてる人が何人か・・車を降りて見たら、


CIMG0287.jpg
岩手山をバックに、さっき通り過ぎた 藤七温泉 が眼下に 

雪が溶けたら丸見えだねぇ・・露天風呂。


CIMG0297.jpg
山頂駐車場の展望台

倉敷、広島、京都、大阪と、遠くのナンバーも!

ここは500 円の有料駐車場で5時までで、
少し離れて無料駐車場が有ります。

ここが八幡平のてっぺんだと思っていたけど、違うンだ!


CIMG0316.jpg
真ん中に、乳頭山と秋田駒ヶ岳 ・・らしい

ここは、岩手県と秋田県の県境です。


CIMG0321.jpg
以前から1度は見たいと憧れの ドラゴンアイ 

んじゃ、どんなんか行ってみるべ と駐車場脇の道を上る。

いきなりの急斜面をゼイゼイ上る。
案内板が有りました。

ここから20分・・なら 30分位で行けるかなと
・・言い出したのを早くも後悔しながら、深雪の急斜面をゼイゼイ登る。


CIMG0347.jpg
ここ じゃないの?

余りに深くて、高所恐怖症は近寄れませぇ〜ん

スマホのGPSを見ながら、いや・・違う とズンズン先を行く息子。


CIMG0351.jpg
ここ?
いや まだだ


CIMG0322.jpg
ここは?

・・・

あいつ、ぜったい てっぺん に いくつもりだな。


CIMG0323_20190503003454665.jpg
樹林の中で、先にどうぞと譲った人の後を歩いていたら
ピンクの目印が無い!  別のコースの人達で、焦って戻ったり^^:

雪原と樹林を交互に、足を取られながら歩き続けてゼーハー・・

心臓が止まるかと思った。
息を整えなきゃ。


CIMG0328.jpg
樹氷の名残りの木々達

耳を立てて笑って歩いているクウー がいる!
きっとまだ大丈夫、行けるんだね^^

ここで、大の字になって息を整える。

背に 大雪原の冷たさ 青い空に浮かぶ白い雲
耳に聞こえるのは、自分のゼイゼイな息遣いだけ・・
風音も無く、鳥の鳴き声も無い 静寂に

溶けてしまいそう・・
ここで心臓が止まっても いい



えーと、息子が えらい迷惑な下山になるか・・
クウーも元気に歩いてるし・・  
・・ 起きるべ



クウーお待たせぇ、さあ 行こう

しばらく上る

CIMG0329.jpg
もう無理かと、顔を上げたら 展望台が見えた。

待っていた息子と孫に無事、再会(笑)

ここ、山頂らしいよ 
八幡平のてっぺんに居るの!? 私えらい! 頑張ったぁーーー!
うん、えらい・頑張った  と 息子。


CIMG0339.jpg
帰宅後に検索したら、「八幡平山頂 八幡平市」と
書いてあったから、標識の3分の2は雪の中。

木の先っぽに触れます!
厳寒期はきっと、この展望台も埋もれているのだろうね。

ねえ、岩手山の一合目の半分くらい?
とんでもねぇ、4分の1にも ほど遠い。


CIMG0340.jpg
ついでに覗いた、夏に来た人の記事では、一面のアオモリトドマツと。
雪の中なんだねぇ・・

クウーとの思い出ができたから、ひとつ置いて来ました^^


CIMG0350_20190503005720db2.jpg
あのひとたち、どうして げんきなのよぉ~~~

私の足は重りがついてるみたいに上がらない><:
よそ見して、うっかり深い足跡に嵌まると、足を持ち上げるのが大変で。


CIMG0342.jpg



CIMG0345.jpg
ねえ、私達、木の上を歩いているんだよね!

ずっと静かに歩いた孫(多分)、きっと吸収したものが沢山だね。


CIMG0353.jpg
樹林の中は殆どが急斜面で、半分埋もれた木の雪穴に
落っこちないよう真剣に歩いて、カメラどころではありませんでした。


CIMG0355.jpg
駐車場とレストハウスが見えて、ホッだけど、まだまだ・・

レストハウスで待っているOさんを、予想以上に待たせてしまって
申し訳ない けど、急ぎ足にもなれない足元で。



CIMG0357.jpg
向こうの山のさらに向こうが てっぺん でした。

雪が無ければ整備された道の、気軽な山歩き って感じなそうです。
周回コースだと 7キロ位歩くので、それなりの用意をとの事です。
貸し長靴もあるそうですよ。


CIMG0360.jpg
5月末から6月初めの2週間くらいしか見られない ドラゴンアイ

最初の あそこ だよね。
見に来ようね!
今日の後で あそこなら 楽勝 だよね!  (雪が無ければ・・)

と、また来る事を息子に頼み込んだのでした。


スポンサーサイト


八幡平 | 05:44:05 | Trackback(0) | Comments(8)