FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・18 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
洪水被災地・熊本





日記 | 18:25:34 | Trackback(0) | Comments(0)
中傷には厳しく対処

知事・市長会見

岩手、コロナ感染者2人
一日も早い回復を! そして広がりませんように。

8月2日現在、4名に。




日記 | 22:42:58 | Trackback(0) | Comments(2)
刺し子糸でチクチクの巾着
CIMG9950.jpg
ムクゲ

花言葉 信念
中心が赤い「日の丸」がなじみ深いですが、この
真っ白いのは、潔さを感じます。


CIMG9948_20200729050112223.jpg
柿の実が大きくなってきました。
暫く離れていた干し柿、今年は作ろうかな。


CIMG9871.jpg
雨が続くから、アジサイの色が鮮やかです。


CIMG9939.jpg
夜中の電気スタンドに、カゲロウ?

カゲロウなの?
ジッと動かないから、もしかして脱皮する?
と、ワクワク見ていたんだけど
熱すぎたのか、飛んで行っちゃいました。

飛ぶんだから成虫なのね。
どなたさん?

昼間、ちゃんと外に出てねぇ・・





杉木立の透明な空気のおかげか、丘を登って動いたのが
良かったのか、まさかの神様の御利益か
文庫本の文字がぼやけて
読めなかったのが、なんとかハッキリしたので

CIMG0049_20200729050118ff8.jpg
刺し子糸で チクチク してたら楽しい^^


CIMG0052_20200729050109caf.jpg
結び玉とチクチクで、面をひたすら埋めました。


CIMG0051.jpg
線を引かずに布目を追って刺したんだけど、
難しい・・・

これでも、たまには解いたりしたんだけど
線を引いてから刺したら良かったなぁ・・と
思いつつ、そのまま進行。

さらに色を足して、


CIMG0053.jpg
使ったときに
結び玉が引っかかって飛び出さないように、
絹布に使っていた極薄の接着芯を貼って、
巾着に仕立てます♪



細かい作業から遠ざかってるなぁ・・
おばあちゃんの手仕事 に、まっしぐら ^^:

いや、ご高齢でも丁寧にキチンとの縫い物してる
人達が大勢いるんだもの、私のは 手抜き・気抜き
気合い抜け だなぁ・・・




てづくり・縫い編み | 06:02:17 | Trackback(0) | Comments(2)
PCR検査の為の会社設立

検査キット発売
新型コロナの感染歴がわかる・岩手
マスクいらない、これを配って欲しい


マスクをまだ配布




日記 | 23:03:52 | Trackback(0) | Comments(0)
気になっていた丘へ 盛岡市 門 7月24日(金)

ハンゴンソウ

休みの日だけど、会社へちょっと行く息子に同乗して
門(かど)へ。


前に見たときに、あの丘が気になっていたので
孫と向かってみます。


CIMG0012.jpg
グラジオラス

庭に植えられることが減ってるようだけど、
ここでは沢山咲いていました。

ピンクの花言葉は、ひたむきな愛 なそうです。
 

CIMG9978.jpg
あー・テントウ虫だ! と孫。
どこ?  どこ?

下水の流れの蓋のすき間・・なんでそこに?
水で涼んでる?

おうちが増えて、キャベツ畑が減って
家の辺りじゃ滅多に見なくなったねぇ・・


CIMG9973.jpg
ガガイモの花

大国主命の時代、ガガイモの船に乗って来た神がいたと。
ガガイモの種の莢が船・・・小さな神様。
  (ブックオフで買った現代小説に載っていた)
古事記は不思議物語。


CIMG9975.jpg
トウモロコシの畑


CIMG9990.jpg
オトコエシ(男郎花) オミナエシ科


CIMG9982_202007262306444c2.jpg
ナワシロイチゴ
もちろん 一粒づつ頂いて 孫と キュンッ♪
甘酸っぱいです。


CIMG9987_20200726230634b51.jpg
ウメエダシャク かな?
急に吹き始めた風でボケボケです。
7月24日は ナナフシの日なそうですが、
見た事が無いです。
代わりに尺取り虫の成虫に会いました^^


たくさんのトンボも飛んでいて、

CIMG9992.jpg
いつもは目がくらむほど見上げる栗を
目の下に見る♪


CIMG9993.jpg
花が一重のノカンゾウ、八重のヤブカンゾウ

これは どっちかな。
春の山菜のカンゾウの花です。

ユリと違うのは、茎には葉が無くて
葉は、根元から細長く伸びています。

CIMG9994.jpg
カンゾウ(萱草 ユリ科)

若葉だけでなく蕾も食す・と。 どんな料理だろうね。



孫と、花や虫を見ながらコーダアーダと言いながら
ゼイゼイと坂道を登って、標識を見つけて。
神社があるんだねぇ、行こう♪

階段も登って


CIMG0003.jpg
大きな狛犬に迎えられました。

境内には、ブランコや滑り台の遊具も。
階段を登って鳥居を見ると、金網で狛犬が隠れるけど
子どもの安全の為なんだね。


CIMG0001.jpg
諏訪神社

神様に自分のお願い事をしないんだよ。
平和と豊穣を願って、見守ってくださってありがとうございますと
お参りしようね。

コロナが消えますように は?
それは、お願いしよう!

じゃあ、お小遣いが増えますようにってダメなの?
うん、そおいうのは自分の胸の中で思ってね^^:

と、孫に蘊蓄たれてお参りしました。


CIMG9998.jpg
当社は、文治5年(1189)11月、信濃国諏訪郡上諏訪神社の御分霊にして、奥州平泉の藤原氏が亡び、源頼朝が奥州の領地を配分せる後、この地に勧請し奉斎された。その後里人広く崇敬し、災害・病疾祈願する者雲集したという。
 安政4年(1858)4月、南部氏より奉幣あり。元来旧11月4日の例祭に鮭魚の神事が挙行された。即ち祭典当日雌雄の2尾を釜に入れて煮熟し、これを群衆の参拝人に与え、これを食する者は病疾の難を免れたという。また釜の魚の煮様に依って豊作の吉凶を卜した。この神事は吉田民部より吉田津衛まで行われた。この鮭魚は社前の日高見(今の北上川)より捕ったものであるが、明治の世となり川より魚を獲る事を禁ぜられ、明治18年(1885)以降はこの神事は中止となった。
 現在の社殿は嘉永5年(1852)4月2日に建立され、本殿の内には木像一体、また南部氏画家蘭室画佐内吉建画がある。明治3年(1870)門村々社となり、その後神社の国家分離により昭和21年(1946)6月、神社本庁所属神社となり現在に至る。 (岩手県内神社検索より)

以前は「鹿渡」で、かど だったそうですよ。

                 
CIMG0002.jpg
阿 と 吽 の 阿
玉を咥えています。

笑っているクウーを思い起こさせるお顔・・


CIMG0009.jpg
脇の杉木立の中に、赤い祠が有りました。
降りて行って見ると、

CIMG0006.jpg
白い語弊の所から、水が湧き出しています。

ミズスマシが スイー


CIMG0005.jpg
あっ!  ウバユリ が 咲いてる^^

種が落ちてから発芽まで、4年もかかるんだって。
採らないで、見て楽しもうね!


岩手大学・農学部の森の沢山のウバユリが
咲いてるのを見たいと思っていたけど、
ここの一輪 の 素敵さに、すっかり 満足しました。



帰り道、盛岡市街に近づく車列の中、
右側の山沿いの斜面に

あーっ・カモシカだ! 
運転手と後ろの孫が叫ぶ。

助手席の私が首を巡らす間も無く通過・・・><


いいもん・・3度も近くで見たこと有るもん~~~


CIMG0028_202007262339163de.jpg
すっきりと全体が見えたのは、いつだったろうね 岩手山。


CIMG0032_2020072623390732a.jpg
高松の池に近い丘に立つ「盛岡ハリスト正教会」のドーム

あ、鐘楼だったんだ。
何度も通過して見てはいたけども、写真を撮って判りました。



コロナ休校からの自粛解除後の感染急増に、晴れない空。
東京の姪の結婚を祝いに行けないもどかしさ。 
毎日のニュースの、洪水のその後にコロナに、
友が来ない毎日自宅。
夜間の雨と雷の轟音が多い夏。
雨・雨で、八幡平のヒナザクラに会いにも行けなかった。

緑の大木が見たいーーーと喚きたくなったところへ
三浦春馬さんの速報に、受けた思いがけない程のショック。
・・頭がぼやけて、目も針の穴を見ない。
体までどんよりしてきたところに
体力気力充実の にぎやか溢れる元気孫、
ひと月の夏休み入り~~~~

気温の急な上昇に、今時期は毎年へたばるけど
今年のアレコレのなんてキツいこと。
溜め息つきそうになってたけど

変わらずに花を咲かせる草花と、濃い空気の
森林からもらった元気の素が、ジワジワと効いてきたので
刺し子糸でチクチクし始めました。




おでかけ 盛岡周辺 | 02:49:31 | Trackback(0) | Comments(6)
キャンペーン事務局は?

金絡みキャンペーン

キャンペーン、出世したら違う事言い

アベノマスク・発注の会社

日本には報道の自由が無いと国際社会の評価





日記 | 23:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
SOSその後 も 麻のテーブルセンター も

前記事の SOS の青虫の写真がありました。
朝市のテーブルです。

繭になったのとは別個体ですが、同じ青虫です。
息子が、小菜蛾 ってやつじゃないかな と言い、
またブロ友さんのpilさんも、教えて下さって
正体は分かっていたのだけど、孫には黙っていました。
成虫を見てから、検索させたら良いかなと。


さて、わが家に来て6日目の青虫さんを
朝、見たら いない!

まごっぉ〜 

うん!、虫になってたからベランダに出したら
飛んで行ったよ と ニコニコ。

なして写真を撮らせてくれないのよぉ~~~~

えっと、大人になったから、早く飛びたいだろうと思ったの。

やさしいね・・・と いうことで、

実は畑の困りものの蛾なのでしたが、体長5ミリのこの小さな
体からはき出された糸の、精巧な繭の繊細さに見とれて、
その中で 緑色から黄色くなって茶色に変わって・・

この驚異の変態 が、あっという間に完了して、たった5日間で
もぬけの殻を
置き土産にして行った生き物の変化に 感動したのでした。

この蛾、害虫ではあるけども成虫も綺麗な姿です。
よく見かけてる蛾なのでは?

↓こちらでどうぞ。

☆「虫色々」の記事一覧

一覧の中の、「コナガは粉じゃないのだ」の、前編・後編を
ごらんくださいね^^

小さすぎて、目を懲らしても虫眼鏡で見てもくっきりとは
見られなかったのを、↑こちらの写真と文で、
孫が見られたことが良かったなぁと思う、コナガ観察でした。



CIMG9916.jpg
ベランダに コガネムシが。

土砂降りで、避難してきたのかな。

CIMG9914.jpg
ピカピカの輝きに、孫、すげぇーーー!

前にも見てるんだけど、成長につれて
見え方が違うよね^^


CIMG9834.jpg
階段の壁に、白い蛾

シロツバメエダシャク・・らしい?
シャクということは、幼虫は尺取り虫?

夏の着物みたいな柄^^

人のお客さんは来ないけど、
虫さん達が賑わしてくれてます〜



CIMG9873_202007201644158b4.jpg
22~23度続きの毎日から、今日はいきなりの30度。

だるい~~~  ので、ちょこっと散歩

夏の花 ホオズキの白い花と青い実


CIMG9862_20200720164414d1f.jpg
川べりの花も 夏




麻の絣のテーブルセンター、出来上がり。

CIMG9919.jpg
中と外回りのステッチは、一目だけ変えて結び玉で。


CIMG9922.jpg
この絣と一緒に巻かれていた、薄ーい薄い透き通る麻を
裏に使って、それでも麻だから張りが有ります。

薄茶色のが、汚れなのか糸の色なのか判然としないけど
織り初めの織り試しのようでもあるし、気にせずに
使いました・・というより、はぶくと足りない^^:


CIMG9917.jpg
6・5㎝の四角つなぎ
36㎝×49㎝

洗いざらして、織り目が広がった麻地は
布目が動いて、真っ直ぐに縫うのが難しい。

糊付けして・・とも思ったのだけど、自然のままを触って
いたかったので、そのまま縫って歪んだ出来上がりです。

なりなりに居たい今の気持ちに添ってる出来上がりになりました。




てづくり・縫い編み | 21:14:21 | Trackback(0) | Comments(10)
交付金の財源は消費税です
その財源で、医療費削減・・




日記 | 16:07:01 | Trackback(0) | Comments(0)
繭になる・SOSです~~~!

うす色ピンクのフワフワが

そよ風に揺れるハズなのに、


CIMG9852_202007181544266a1.jpg
雨続きで重そうな ネムノキの花。


CIMG9782_202007181544237d5.jpg
夕顔の畑


CIMG9783_20200718154425a37.jpg
この小さなコロンが、50センチにも育って
ドカンと重い実になるなんて、不思議・・

薄く切って、鷹の爪の輪切り少し
と濃いめの吸い物味に煮たり、

大きめに切って炒めたり。
夏の定番おかずです。

苦みがあるのは食べてはいけないと、昔から
言われてました。滅多に無いけど。

火が通ると実が透き通って、冷やすと目にも涼しいですよね。


CIMG9812_20200718154422966.jpg
クサフジ ?
直立しています。
雨天続きの散歩も、スッキリな気分にさせてもらえました^^

追記 「シロバナシナガワハギ」に似ているとのコメントを
いただきました。  
ありがとうございます^^




孫ママ実家から貰ったデカイ キャベツに
ちっちゃな青虫が。
孫が  育てる! と。

CIMG9866_20200718154430440.jpg
自分で、発泡トレイにキャベツの葉をちぎって入れて、ラップを
ゆったり被せて、ぷつぷつ穴を空けて。

モンシロチョウかも♪ と 孫。
  (・・・・いや・・それじゃ無い・・)

小松菜がいいんじゃない?・・ブロッコリーは?・・
ムシャムシャ食いまくって、大きくなるんだよね?
 って、ワクワクして見ていたのに。

割り箸を入れといたら、そこで サナギになるよね・・って
私も呑気に構えてたんだけど・・


CIMG9864_20200718154429747.jpg
翌日、糸をはいてる・・と孫。
虫眼鏡で見て やっと判る細ーーーい糸。

孫、観察に余念がありません。

写真は3日目の昨日で、糸が増えて
中でたまに身をよじったりしています。

  だけど

湿気多い20度越気温・・これから暑くなるかも・・


キャベツがくさっちゃう。

どーしたら いいのか どなたか 教えてくださぁーーーい!!




日記 | 16:53:19 | Trackback(0) | Comments(4)
昨夜のニュース23
森友問題



日記 | 14:24:28 | Trackback(0) | Comments(0)
フクロウの額

ギョウザニンニクの種

先日の気温29度の日を挟んで、ずっと気温16~18度
〜22度前後の
ストーブを付けたくなる雨の肌寒い日が続いています。

昨日は雨が降ってるのに、うっかり窓を開けたままにしていたら
室内の湿度が76%、寒かった~~~ ><:


CIMG9801.jpg
降るかな大丈夫かなと、空を見上げながらの散歩

ムシトリナデシコのピンクの原に、花から花へ
ひらひら と、ちっともジッとしてないモンシロチョウが。

CIMG9804.jpg
こっちにおいでぇ 止まってちょうだい と呟きながら
見ていたら、止まった。
遠いけど・・やっと落ち着いて見られた♪

同じ花がこんなに沢山だけど、ここのが美味しかった?


CIMG9793.jpg
黒い花から青い実になった ポポー

熟したら、どうなるかな。
岩大農学部で見てワクワクしたのが、目の前に
有ったんだものね、通って見ます。


CIMG9815.jpg
ハンゲショウ

半夏生、半化粧。
一部分だけ白くして、葉を花と思わせて虫を誘うとか。

CIMG9816.jpg
庭の手入れをしていたご婦人が、抜いても抜いても
増えて増えて、困ってる と。
言われて見ると、あちこちに顔を出してる!!

名前も見た目も、風情あるんだけどな・・
逞しく生き残る戦略が凄い!
 

IMG_0981_20200715162821494.jpg
夜半に強く降って、昼間も厚い雲から降ってを繰り返す毎日で、
ずっと岩手山も隠れたままです。

雨が止んですぐ外に出たら、
水滴の重さでうつむいたネコジャラシ・・エノコログサ。


IMG_0968_202007151628227aa.jpg
カタバミの葉に、花心みたいにコロン。


今日、やっと
CIMG9845.jpg
しばらくです〜の岩手山

半分、雲の中だけど嬉しい^^
今日は気温20度だけど、湿気で
寒い・・裏フリースのナイロンズボンを引っ張り出して
夕方から冬の格好しています。




さて

_MG_6041.jpg
お山の麓で暮らしていた頃だから、随分と前の事です。
林から葉を1枚拾って持ち帰って
眺めていたら、家の目の前の木の枝に止まっていた
フクロウを思い出して。

2時間近く眠って、羽を広げて頭上を飛び去ったその大きさに
目を見張ったっけ。
あんな迫力など出せないから、手染めの布に可愛いく古布で
フクロウをアップリケして、
布に直接に葉を置いて、形を写して輪郭を刺して。

何にしようという事も無く、色を混ぜて染めるのが
ただ面白くて
化学染料で遊んだ布が、フクロウが眠っていた昼間の
林にピッタリでした。

葉の色が、黒糸じゃ強すぎるなぁ、でも むら染めに負けないで
フクロウのじゃまにならない色を決めるのに
あーでもない、こーでもないと。

黒に近いグレーの刺し子糸を、白に近いグレーの
縫い糸でコーティングステッチした葉になりました。

30センチ×36センチ位の額に入れて。



楽しかったので、もう一つ作って展示会に出したら
選挙を控えた議員さんが、フクロウは縁起が良いと
お買い上げいただいて。

買ってくれたお方と、私が票を入れたのとは別のお方で・・
仕事と選挙を混同する気は無いし^^:

でも、当選しますように・とドキドキの開票日、
トップ当選してらして、ほぉおおおおお〜〜〜っ。


30年前の、そんなことも有ったなぁ・・のフクロウでした。




縫い仕事 | 19:26:22 | Trackback(0) | Comments(4)
雨の合間に散歩  麻絣途中

すごぉ~~~く もの凄ぉく 久し振りの岩手山
目の高さに、鳥が飛んでるような雲。

厚い雲が覆っているけど、とりあえず降ってなくて
雲の合間から、ときおり陽が射す気温29度の蒸し暑くて
九州の豪雨被害がまだ起こっていなかった日。


CIMG9766.jpg
暑いけど外へ。

蟻を啄んでるのかな?
2羽のチュンが、トットコ・ツンツン・・・
激しい雨の日が続いて、おなか空いてたよねぇ。
水溜まりでバシャバシャもしていました。

雨の日も、明け方から屋根の上でチュンチュン賑やかで
きっとヒナチュンが、お腹空いたと騒いでるんだろうな。
激しい雨の合間に、餌を探したんだろうな・・


CIMG9757.jpg
ほとんどずっと雨が降らなくて、キノコの影も形も
無かったのだけど、この長雨でニョキニョキの


CIMG9759_202007122211542de.jpg
ニョキ で。


CIMG9781.jpg
これはキクラゲみたいに、見た目がヌメッとして少し透明感も
有ったりして、
動いたらクラゲだねぇ。


CIMG9754_202007122211503cc.jpg
ブラックカラント(黒スグリ)
食べ頃は近い・・・♪


CIMG9779.jpg
小さなカタツムリが、上へ登って行くのをジッと見る。

・・・どうするんだろう?
降りてくるんだろうか。


CIMG9832.jpg
午後6時30分、ここだけ夕焼け

翌日からまた、ずっと雨続きで・・ ・・




テーブルセンター
CIMG9828.jpg
縫い代押さえをグレーの糸で、
縁はアクセントが欲しいなと、黒糸で。
外回りも、同じにするか変えるか眺めちゅう。


CIMG9830.jpg
透け透けの裏地なものだから、
針目も糸屑も丸見えです^^:

あれ、糸が丸まって引き残ってる。
引き込んでおきます~~~

すごく古い布で、長い年月を着られていたから
痛みも汚れも有るけども、それもこの生地の
歴史だから、できるだけ使っています。
売り物ならそうも出来ないけど、自分の物だものね。
自分が気にならなければ いいんです^^



東京の友人の知りあいが岩手の人で、電話してて
帰りたいなぁ・・と言ったら、

何が何でも絶対に帰ってくるな!
笑い事じゃ済まないぞ!

って、お父さんに言われたと。


東京の私の姪も、披露宴が出来るのか出来ないのか
なんにも予定立てられないね・・


いつもの夏の行事が、すべて消えた夏。

中学や高校のブラスバンドや野球練習の音が無くて、
公園の子ども達の声も、ちゃぐちゃぐの鈴の音も花火も、
さんさ祭りの太鼓や笛の練習音が無い。
いつもの音が無い夏。

鶯って、春からずっと こんなに一日中 鳴いてるんだ
って、気が付いた。




てづくり・縫い編み | 23:42:28 | Trackback(0) | Comments(6)
岩手県・大雨洪水警報
滝沢市の広報スピーカーの声に、緊張する。

秋田市に避難準備




日記 | 01:36:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コロナ・キャンペーン

コロナ感染第2波

むしょうに食べたくなる原因
自粛や天気で体調が乱れやすいこの頃。
食べたい物 が、体調管理の参考に。




日記 | 11:15:37 | Trackback(0) | Comments(0)
サービスいっぱいの野菜

アパートの階段の壁に、常夜灯に誘われて
入ってきた蛾達。
午前中は網戸を開けておくから、飛んで出て行ってね。

このお洒落さんは
検索したら、「ヨツボシノメイガ」 っていう蛾のようです。


CIMG9731_20200710232656496.jpg
どなたさん?



さて、朝市のお土産は
CIMG9733.jpg
売るくらい有る〜!

CIMG9739.jpg
キクラゲは、サッと水洗いして茹でて
そのゆで汁で豆類を茹でて。

別に蕎麦つゆを少し薄めて、キクラゲとインゲンを
お浸しにして冷蔵庫へ。
この汁は蕎麦つゆを足して、蕎麦や素麺のつゆにします。

半分を細切りにして煮詰めて、佃煮に。


CIMG9742.jpg
コールラビ がこんなに!

蕪とと同じ扱いでいいから、大きめの一口大に切って
茹でて、半分を出汁で含め煮に。
あと半分は味噌汁用に。

CIMG9744_20200710232707fe8.jpg
コールラビのゆで汁で豆も茹でて、ゆで汁ごと味噌汁に。
具も同じ。
味噌を溶いて、美味しい〜♪

CIMG9745.jpg
春菊もさっと湯がいて、胡麻和えに。


CIMG9746.jpg
袋に詰め込んでくれた オカヒジキ

めんどうなのよぉ と言ってたのがよく分かる。

CIMG9748.jpg
チマチマチマチマ・・・と、指先で茎からむしり取るのだけど、
その数ときたら
取っても取っても減ってる気がしない。

こっち、持ってってぇ~~~ が、よく分かったのが収獲で^^:
有難い気持ちが倍増です。

途中から孫ママ参戦♪

自分で作業すると、より美味しい^^

さっと湯がいて、小分けにして冷凍庫へ。

☆ オカヒジキ


CIMG9750_2020071023270346e.jpg
シャキシャキが、冷やし中華の甘酸っぱい汁とも相性良しで^^

わが家では、酢味噌和え が人気です♪




おやつ おかず | 03:00:19 | Trackback(0) | Comments(2)
雨振りの合間に、青山日曜朝市へ
CIMG9689 (1)
九州東海北陸に、これ程の被害をもたらす豪雨になろうとは
思いもしていなかった先週。

ボサッと起きて来た息子が、すぐにまた雨が降りそうだけど
朝市に行くか?
の、朝5時。 
行く!

熟睡中の孫とママを置いて、車で10分の
ヤマダ電機の駐車場は、すでに満車状態。


CIMG9691 (1)
近所の無人販売100円ので漬け物してるから
買わなかったけど、大根の紫蘇漬けが美味しそう。
次は、これやってみよう^^


CIMG9701 (1)
縁日の定番、昔からの盛岡版クレープ^^:

☆ 盛岡うす焼き



CIMG9708_20200710040240ac8.jpg
買い物終えた人達が、ホッと温まってます。
ここのコーヒーも美味しいです。

インドネシア人の奥さんの、ミゴレン(焼きそば)も
カレーも美味しそう。

きっと息子が買うだろう・・^^:


CIMG9702 (1)
滝沢市巣子の田楽茶屋さん。

コロナで店は閉まってますが、早く再開出来るといいですね。
ニンニク味噌と山椒味噌を一本づつゲット。


CIMG9704.jpg
大人気の九戸肉店の唐揚げは、すでに無く

CIMG9714 (1)
えっ! 自家栽培のキクラゲ!!
肉屋さん、山持ち?? と驚きながら
タップリ入って100円をゲット。


CIMG9700 (1)
手作りマスク 300円、売れてました。


CIMG9713 (1)
多肉植物も並んで、花も見れた^^


CIMG9693 (1)
オカヒジキ を目がけて行ったら、
紅玉りんごでお世話になってる 大宮農園さんだった。

これ2パック と言ったら、これ手間が大変なのよぉ~~~
こっちでも良かったらサービスするよ!
って、

CIMG9695 (1)
袋にワンサカ詰め込む!!

オカヒジキって地面を這って伸びてるイメージだったけど
コスモスみたい!

コールラビとインゲンもゲット。

数えたら25テントが並んで、色々と見て楽しかったです。
魚やホヤ牡蠣、パンにコロッケ、豆腐も木彫りも野菜もetc.


CIMG9717 (1)
車に戻って、やっぱり息子が買ってた
珈琲屋さんの ミゴレン で、朝ご飯。

うめぇ 辛 から 旨ぇ と繰り返す(笑)

雨が降ってきて

CIMG9721 (1)
新幹線が通過

あと一瞬で、東北新幹線と秋田新幹線の
連結部分だったね。




こんな呑気な記事を載せるのも気が引けるけど・・
コロナ感染も豪雨も
これ以上の犠牲者が出ないことを祈ります。



おでかけ 盛岡周辺 | 05:48:53 | Trackback(0) | Comments(4)
コロナ感染、全国で新たに350 人
10日 422人

京大病院がクラウドファンディング

コロナ被災支援クラウドファンディング




日記 | 19:36:31 | Trackback(0) | Comments(0)
首相の総会挨拶

豪雨 9日(木)

九州豪雨 8日(水)




日記 | 21:52:16 | Trackback(0) | Comments(0)
バンカラ応援団エール

アマビエサマ、七夕

九州豪雨

賞味期限切れでも、すぐに捨てないで



日記 | 15:15:25 | Trackback(0) | Comments(0)
麻絣のテーブルセンター

ほんのちょっとの間、雲の切れめから陽が射したら
チュンが伸びーして、羽をバサバサして
ひなたぼっこ? してました。


CIMG9687.jpg
びっしりと咲いていた黄色の花が、なんだか
年々、減ってきて心配になってきた。

クウーが毎年ここで、風に揺れる花を見上げていたのに・・

種を採らせてもらって、鉢に撒いてみようかなぁ。
ベランダ、陽が当たらないしなぁ・・


CIMG9729.jpg
夏椿が白い花を咲かせました。

雨続きの日々に、清涼な空気をもたらしてくれるようで
ホッと、見上げました。
蕾の形が、まるで鈴のように丸いのが可愛らしい^^


CIMG9662.jpg
房スグリの赤も、鮮やかです。
ちょっと、元気をもらえました。




CIMG9749.jpg
PCに向かう時間が減ると、はかどる縫い編み^^:

細い細い糸で織られた、薄い生地なので指の負担は
随分と少なく、でも縫うにはとても気をつかうのでした。
少ししか残っていなくて良かった〜
いっぱい有ったら、夏の肌掛け・・などと野望もやして
早々に、挫けたに違いない^^:

いや、いっぱい有ったら大きさのままに、
ミシンでダーダー繋いでたかな。


裏地は、この着物に使われていた極薄の麻を。
透けて縫い代が丸見えだから、縫っては切りそろえて
どこまでも気が抜けないのでした。
こういう事は、パッチワークの基本に忠実に^^:

次は、縫い代押さえと装飾を兼ねてステッチを。
その糸に、
久し振りのモンリッキー登場です。

各国のキルターが愛用していた、MADE IN EUの
この糸が、どうして突然、製造されなくなったのか?

この糸はミシン糸なので、撚りのかけ方が手縫い糸とは
逆で、針を手前に戻しながら縫っていました。
慣れてたのが幸いして

この糸が手に入らなくなってから、ミシン糸で
縫い繋いでます。
ギッターマンはどうも固い気がするし、国産のは
布に強すぎる気がするし・・
地元のお店で買える物を使いたいし。

前記事のミシン糸が気に入ってるけど、モンリッ−キーが
残ってたのを思い出しました♪

手に馴染んだ糸で、色も丁度良いし
針が進みそうです^^



大雨特別警報・レベル5
福岡県・佐賀県・長崎県


てづくり・縫い編み | 03:49:23 | Trackback(0) | Comments(6)
いもとあやこ の おうちルーティーン
ソックスの畳み方に、ほぉー!

引き出しの中の小箱に、丸めて入れてたんだけど
落ち着きの悪さが気になってて。
これ、すぐ真似しました^^


息子のお家仕事で、PCを使える時間が減って
真夜中になって、皆様をお訪ねしても
眠くてコメントを書けなかったりで・・ぺこり。

なのに

昼間にPCが空いてると、役に立ちそうな記事(簡単おやつ)を
漂流してたり^^:

雨に曇りに、お山へも行けなくて、ヒナザクラちゃんを
諦めて、がっかりで、
なんか、ぼぉ~~~~~~~~~~っとして・・・

まぁ、昼間時間の針仕事がはかどってるんだけど
緑の中に、行きたい・・

・・・と、そんな間に、九州の豪雨災害。
コロナ感染の広がり・地震・都知事選・・

言葉が出なくなってしまった・・



日記 | 02:34:37 | Trackback(0) | Comments(0)
地に足の着いたコロナ対策

夜の街は少数派に

米軍基地では、緊急事態宣言継続中

年金8兆円が消えた
国会終了後に発表

国土がどんどん狭くなる・・
ウラジミール、2人で駆け抜けよう・・と言ってたっけ・・

横浜・カジノ無しで、建築家ら提言



日記 | 00:52:58 | Trackback(0) | Comments(0)
巾着のこの先・どうなるかな?
熊本、静岡の豪雨被害・・
お亡くなりになられた方々に、
被災された方々に、こころからお見舞い申し上げます。

度重なる災害に、言葉も出て来ません・・が、
どうか雨が降り止んでも、まだまだ
お気を付けてくださいね。




アスパラガスの花も

CIMG9672.jpg
実も、雨に濡れて風に揺れて。


降りそうで降らなかった曇りの日、
CIMG9636.jpg
道端で自生の
オカトラノヲが、咲きながら花穂を伸ばしています。
お山の麓の道端で、沢山咲いていたのを
思い出させてくれて、嬉しくなるんです^^

CIMG9639.jpg
色も形も素敵で一目惚れした
アストランティア・マヨールが次々に咲いて
人様の庭を覗き込む^^:

CIMG9642.jpg
頬が緩みます。


CIMG9604_202007050136587fd.jpg
やはり雨が似合うアジサイ

各種アジサイが、アチコチで咲いてるのだけど
この青が好きです。

一関のアジサイ園、また行きたいな・・・素晴らしかったなぁ。



 ・ ・ ・ 



CIMG9682.jpg
ちょっと淋しいのだけど、だからといって
こうしよう・と思えるアイディアも浮かばずに
取りあえず置いておこう・・・が・・長年になって^^:

ボタンを付けたらどうかなと、引っ張り出して見た。

CIMG9683.jpg
覗くのが楽しみだった、アジアの布の店が閉店セールと
聞いて、駆けつけた20年前。
注文のベッドカバーの縁取りに良いなぁと眺めていた
染め布を、半額で手に入れたっけ♪


マフラーの半分位の織り布のテーブルセンターが、
染め布が多い中で、柔らかい色の織りが目を惹いて。
綿と思えないフンワリな手触りに惹かれて
自分用に700円で手に入れて^^

10年ほど置いたままで、有る日この先
もしも病院通いなんて事になったら、薬に手帳に・・・
なんて思って巾着に(笑)
幸い、そおいう事態無く来れたけど
この先どうか判らないし。
ちゃんと完成させとかないとね^^:

う~~ん・・・やっぱり刺し子糸で刺したいなぁ・・

と、アイディア降臨を待ってる巾着です。



CIMG9685_20200705013703c7a.jpg
マスクに使って、残り少なくなった絣の麻布。
形にして残しておきたいから、ドイリーにしようと
思い立ってカットしたは良いけれど・・

何度も水を潜った薄い麻布は、真っ直ぐ縫うのが難しい。
まち針を多くして、よれないよう気を遣って
久し振りに、首・肩コリコリ><


CIMG9686.jpg
孫のマスクは手縫い糸の太いので、やっつけたけど
これは真面目に向き合って、でも細い手縫い糸が無いから
ミシン糸を使ってみた。

この糸、ワゴンに山積みのなんだけど
ほんの少し毛羽立ってて、薄布にも添って浮かばない♪

シャッペスパン60番より、きもち太めで
私には、いろいろと使いやすいのに、
ワゴン・・・もう仕入れないって事?
も少し、買っとかないと!  と 急に焦る^^:




てづくり・縫い編み | 08:23:46 | Trackback(0) | Comments(2)
麻の絣でマスク ウルイ
CIMG9659.jpg
蒸し暑さの雨が止んだので 散歩へ

お洒落な庭のお宅は、道路沿いも花がいっぱいで

CIMG9656.jpg
アチコチの道端で広がり放題で、雑草扱いのセダムだけど
万年草の名の通りに強く、庭の縁取りなどに
手入れされてるのは見事に綺麗。

鉢に植えられてるのを初めて見た。

可愛い♪

CIMG9657.jpg
あっ・丸葉マンネングサだ!



ブルーベリーもたわわに実を付けて。


畑の方に行ってみようかな。


CIMG8299.jpg
5月中頃に伸び始めた ウルイ(オオバギボウシ)

派手に渦巻いて伸び広がる葉が 面白くて見飽きません。
初夏の山菜としても美味しいウルイですが、生でも食べられて
蕾も食べるそうですよ。

☆ ウルイの蕾の和え物



CIMG9577.jpg
強く逞しい、だけども繊細で
さとみさんに重ねてしまう。

今年も会えたよ。


CIMG9579.jpg
あぁ・・ きれいだねぇ・・



CIMG9627.jpg
あ、降ってきた

乾いていたクローバーの原が、シットリ落ち着いて

シロツメクサ も

CIMG9625.jpg
アカツメクサも

喜んでいるよう。


CIMG9601.jpg
アパートの階段の壁に、蛾や昆虫がよく止まってるのだけど、
今日は、茶のグラデーションが美しい蛾が。

だけど身を曲げてるのは なぜ?

名前は?と検索するも、判らず・・



 ・ ・ ・


CIMG9680.jpg
肌襦袢の袖口の綿レース と 麻絣 の マスク

前に送ったマスクじゃ、暑くて息苦しいよねと
電話を貰ったついでにマスク話。

浴衣の青い柄が涼しげで、気に入って使ってるよと。

涼しげなだけで、裏地は目が詰まった生地だし。
ちゃんと涼しいのを送るね。

っても、暑い時は何を使っても暑いんだけど。
密じゃなければ外せばいいし・・

緊急事態宣言解除後のコロナ感染者の増加に、
解除するならするで、緊張感の更なる維持を求める
言葉が有ったっけ?

まだまだまだ だよね。

経済と感染抑制の難しさ。


CIMG9681.jpg
親のを仕立て直して子どもに着せたと言って
貰った、麻の絣の浴衣の端切れ。

着た子は、もう60を過ぎてるから
いったい何十年前の絣なんだろう。

白が変色したのか、元から生成りだったのか
くれた人も、そこまでは 知らね って。

シャキッと凜々しく、洗ってもくたびれない麻。

染みも破けも有るけど、糸になるまでの手間も、
糸を括って模様を染める
その複雑な手間と知恵を思うと、捨てるなどトンデモナイ。


孫のマスクにした小絣と2種しかないけど、
綺麗なところを繋いで
夏のドイリーにしようかな。



激しい豪雨が続いて、九州や関西方面
これから関東、北陸、今日明日には
三陸沿岸へと雨が降り続いて。

土砂崩れや川の氾濫など、激しい被害が出ませんようにと
TVニュースをハラハラしながら見るこの頃です。

どれだけ心も経済的にも大きく疲労するだろうかと
毎年の床上浸水に襲われる地域を思う・・


激しく降る雨の中の午前4時、それでも雀達が鳴き出しました。
餌を求めて飛び出すんだろうか?
お腹を空かせて、止むのを待つんだろうか?




てづくり・縫い編み | 04:09:10 | Trackback(0) | Comments(8)