FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・18 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
神社と盛岡城跡公園 4月11日(日) 2

亀が池から、盛岡藩主を祀る桜山神社へ。


CIMG4966_202104142358573fb.jpg

☆ 盛岡城跡公園散策記
巨大ステッキィーズ"さんの記事です。
最後の、3の記事をポチすると2が見れます。
見て貰い場所が全部、載っていました^^:


CIMG5034_20210414235908c09.jpg
案内板

CIMG4967.jpg
神社横の石垣の坂を上って、

CIMG4970.jpg
三の丸から、岩手山を望む。

十五の心 の啄木が見たのは、ビルが無い緑の景色。

今の県庁の辺りが、昔の盛岡中学校でしたので
城跡と近いです。


CIMG4968_2021041423590140e.jpg
秋には見事な紅葉の公園になりますが、
今はまだ芽吹き前。


CIMG4981.jpg
横に逸れて石垣を見上げながら桜の回廊へ。


CIMG4987.jpg
例年なら
石割り桜が満開の頃はまだ蕾、のお城の桜が
少しですが、もう咲いていました!
きっと、あと2~3日で満開かな。

桜色の回廊が続きます。


CIMG4998.jpg
石の階段を上がって、


CIMG4995.jpg
二の丸から、桜を見おろして。

これが満開なら、桜色の雲海のようなんですよ。


CIMG4997_202104150011546db.jpg
美しい花を満喫して、本丸散策して

CIMG5011.jpg
赤い橋を下りて、

CIMG5006.jpg
二の丸から多目的広場へ下りていきます。

CIMG5019.jpg
坂の途中の、石割ケヤキ。
有名じゃ無いけど、石割り桜に負けない根です。


CIMG5023.jpg
城跡公園の横を流れる中津川で、
チャグチャグ馬コの行列が休憩したり、

CIMG5021_202104150034096b6.jpg
石垣ミュージックフェスティバルが開催される
広場が去年も今年も淋しいですが、いつでも
市民に親しまれている、憩いの公園です。

池の縁を歩いて神社の横に出て、グルッと回って

CIMG5059.jpg
石垣を巡って

CIMG5055.jpg
見上げて


CIMG5051_20210415003421c3a.jpg
あ、3月の地震の影響らしい土砂崩れ・・
ここはツツジの植え込みだったかな?


CIMG5048.jpg
この一本だけ、枝垂れ桜が満開でした^^


CIMG5054.jpg
美しく、藪椿の花も咲いていました。


月曜・火曜と雨予報だから、石割り桜を見に行くかと
出掛けて来て、お城跡の散策もして満足で、
やっぱり街は素通りして帰ったのでした^^:


14日(水)に、城跡公園の桜満開のニュース^^


おでかけ 盛岡周辺 | 02:32:51 | Trackback(0) | Comments(2)
石割り桜 4月11 日(日) 1
CIMG4931.jpg
気温18度の青天の日

見に来たのは、8年振りくらいかな。
横に張っていた枝が随分と折れて
小さくなったねぇ・・
この冬の雪の重みはつらかったろうに.。
樹齢400年ほどの江戸彼岸桜です。

☆ 裁判所の石割り桜

何台もの観光バスが連なるのですが、コロナの
影響で見当たりません。
各国語が飛び交う事も無く、県民が古木の桜を
楽しんでいるようです。


CIMG4921.jpg
その昔、南部藩の家老屋敷の庭の
巨岩の凹みに根付いて、
根が石の割れ目を広げながら
生き伸びてきた桜です。

中央の柱のすぐ右が、石の割れ目です。


CIMG4922.jpg
代々の植木師に守られて、今年も満開。


CIMG4925_20210414032120d3b.jpg
石割桜が咲いたのニュースに、盛岡に春が来た
と、思います。


CIMG4923_20210414032126860.jpg
グルッと回って、

CIMG4927.jpg
建物側からの石。


CIMG4936_20210414034447a10.jpg
奥に見える岩手県庁と裁判所の、県庁通りです。

枯れた枝を伐ったり、何本もの支柱に支えられ
台風や雪の重みに耐えて、
今年も見事な花を咲かせました。


CIMG4942_20210414032128468.jpg
信号を渡って、


CIMG4947.jpg
県庁通りのトチの樹並木。


右に、県警本部、突き当たりが盛岡市役所。
左奥から、県漁連本部、合同庁舎、手前が岩手県庁、
   裁判所が並びます。

トチの葉が美しく繁る夏、さんさ太鼓の音が響く
のですが、今年もコロナで中止でしょう・・


CIMG4963_20210414040145235.jpg
その県庁の道向かいは、緑地公園と
お堀の名残の亀が池。
桜の古木が並んでいて、ほぼ満開^^

CIMG4956.jpg
白サギ

CIMG4958.jpg
桜の蜜を吸う、ヒヨドリ。


CIMG4951_202104140401437fe.jpg
この奥の道向かいが、盛岡城址公園です。

池の水は、道路の下を通ってお城の脇の
流れから来ています。


明日に続きます。



おでかけ 盛岡周辺 | 05:29:35 | Trackback(0) | Comments(6)
花・トンビ・ 天ぷら 
CIMG4758.jpg
珍しく早く、明るい時間に帰った息子が、
アパートの窓のところに 猛禽類 がいるぞ。

みんなでベランダに出て、見たら・・

向かいの棟の換気扇の覆いの横で、
何かを足で押さえて食べている一羽と、
別部屋の換気扇の前にも・一羽。

雀!
食べてる(泣)


CIMG4752_20210410211849f6c.jpg
隣のおじちゃんが、あれはトンビだな。
トンビだってー と子ども達がワイワイ見上げて。

   (ブロ友さんが教えてくれました。
     チョウゲンポウ なそうです)

その後、
ここはうるさいし、いっつも見られてるし、
だめだな、他所を探すべ
って、いなくなるかと思いきや、この1週間ずっと
朝も晩も、いる。
一羽は換気扇の覆いの中に入ってるし。
巣を造ってる? 子育て する?

山が すぐ そこ なのに。

猛禽類を、こんな目の前で見るなんて
そうそう無いことだし、
子育てを見られるかも・・だし。

けど、可愛い雀達が いなくなった。
向こうの梅の樹の雀達が、やたら数が増えたと
さっきの散歩で思ったら、これだったかぁ・・

多分、雌が覆いの中に入っていて、
雄が見張番なのかな。
雨が降っても夜中でも、雄は何個も有るのに
覆いに入らずに
雌の居る覆いの側に、ずっと居ます。


猛禽類のトンビ、ピ〜ヒョロ〜 と空を舞う姿を
見上げても、こうして目の前で見てもカッコイイ!


でも、
これで アパートの雀達が みんな居なくなった・・
雀達のチュンチュンが聞こえない。
電線で給食係を待つ姿が無い。
淋しいよ~~~~!


お世話になった恩人が老衰で逝ってしまった。
毎日散歩で会っていた
お爺ちゃんとワンが娘さんに介護状態と聞き、
明日は我が身と辛い。
クウーが知ってるワン達が、今年になって次々と
お空に行って、
今、満開のはずの姿の良い、天に向かって伸びる
大好きなコブシの樹を見に行ったら
根元から伐られて駐車場になっていて。
私のアンヨは、歩いてるときに時々痛む。
フッと現実に歳を感じるこの頃に
何かに何だか置いて行かれたような寂しさでいる所に
目の前でチュンが食べられて・・
気持ちがドスンと沈んでいたのだけど、

花の春だ。


4月8日(木)
孫を引っ張り出して散歩。
木の花を見上げよう!
カラ元気でも、元気だそう!


雀達の集会所の梅が 満開

CIMG4908_20210410205245375.jpg
チュンチュンと集まって来たけど
まだ早いから、御飯は帰りにあげるからね。

逃げてきたみんなは、ちゃんと寝ぐらを造れたかな・・

CIMG4907.jpg
香りが素敵だねぇ・・孫もクンクン、

CIMG4873_202104102052410af.jpg
紅梅と白梅が満開です。


今日は、木蓮並木の方へ行ってみようか。

CIMG4867_202104102052420fe.jpg
紫木蓮も白木蓮も
咲いてた^^

CIMG4856_202104102052329dd.jpg
逆光だけど、花が車道を向いて咲いてるんです・・


さて、あっちに行こう。

CIMG4815.jpg
ヨモギを摘んで、天ぷらにしようよ。

ヨモギ・どこ? と言っていた孫も、ひとつ摘んだら
次々に有った、有ったと摘んで。
香りで確認できるよ。
欲張らずに、1人分はこれ位と4人分。


CIMG4887.jpg
美味しそうなタンポポの若葉。

 タンポポも食べるの!? と孫。
うん、美味しいよ。
サラダもいいし、タンポポのお酒も作るんだって。
タンポポのお酒 っていう小説もあるよ。
綺麗な金色のお酒だって。
 へぇえええーーー!


CIMG4365_20210410210516e83.jpg
蕗も。

 もう、伸びすぎじゃないの?
ううん、蕗は伸びたのも食べていいんだよ。
ドーン!と大きな蕗の花の天ぷらはまるで
花火みたいだよ。
今日は、小さめを半分こで食べようね。

蕗は蕾も花も茎も葉も美味しいし、茎の筋は
タワシの代わりに使うんだって。
 へぇえええーーー! すげぇ!


CIMG4652.jpg
 これは?
カンゾウ、お浸しや炒め物に。
 採らないの?
もっと増えてもらおうね。


CIMG4821.jpg
 ねぇねぇ、これなに!? キノコなの??
わっ!
もしかしたら、キクラゲ?
始めて見るけど、多分キクラゲ?

もっと早ければ、瑞々しいプルプルのキクラゲ
だったよね><:
固いけど、食べられるんだろうか・・?


その日の晩ご飯は、揚げ物係して 天ぷらで。


CIMG4835.jpg
天ぷらになり損なったちぎれたヨモギは
味噌汁に浮かべて。 
熱い汁ですぐに火が通ります。
ヨモギの香りがフワァッと広がって^^


CIMG4831.jpg
左から、タンポポ、蕗、ヨモギの天ぷら。

他には、人参、ナス、サツマイモ、カボチャも。
 
感想は
 よもぎ餅の匂いだー!
 ・・・蕗は飲み込んでから、苦ぇのが口に残る-
 タンポポは、パリパリで美味しい!
なそうです^^

お弁当分を取り分けて、
食べてる途中でアッ!と撮ったんだけど、
この倍量以上を揚げたのに、残りを明日の昼の
天丼にと、思ってたのに、全部無くなりました!


CIMG4832_20210410210529bf3.jpg
ついでに、長芋を厚めに輪切りにして粉を
まぶして揚げて、蕎麦つゆを薄めて酢と
ラー油を垂らした汁に、一晩浸けてお弁当用に。

生で食べる芋だから、表面カラッと揚げただけです。



結局、私らだって命を頂いているんだし
雀を襲ったトンビに、眉間に皺を寄せる筋合いなんて
無いんだよね。

☆ チョウゲンポウ
崖に巣を造るんだ!


CIMG4826.jpg
川辺のソメイヨシノ
もう少しで開花だね。
 うん! もう少しだね!


その夜半に、予報どうりに雪が降って

CIMG4893.jpg
明け方の5時半。
1センチくらいの積雪で、昼間もサーッと
降ったり止んだり
マイナス1度の最低気温でした。



おやつ おかず | 23:32:02 | Trackback(0) | Comments(12)
花散歩 も マーマレード も 4月6日(火)

2棟のアパートの、こちらは冬の地面の氷を削る工事に
続いての住宅建設で雀達が居なくなり、
お山と反対側の、棟の屋根に残っていた雀達も
居なくなりました。
・・・別の理由で・・・
朝夕の賑やかさが消えて、淋しくなりました。

みんな、この辺の屋根に引っ越したようです。
梅の蜜を吸えるのも、もうすぐだね^^

この梅の樹を、前から集会所にしていた雀達と
お引っ越しして来た雀達とが、
賑やかに給食おばさんを待っています。

また、雪が降る予報だよ・・
がんばろうね。



CIMG4703.jpg
これはなんだったっけ・・?


☆ チオノドクサ
ブロ友さんに教えて貰いました^^



CIMG4780.jpg
あっ!
咲いてる♪
人様のお庭で、咲いてる。
では、あそこへ♪


CIMG4775_20210408232532c7a.jpg
道端に
瑞々しい ツクシ^^


CIMG4778.jpg
カタクリ が出迎えてくれて


CIMG4698.jpg
ショウジョウバカマ が 見頃です♪


CIMG4695.jpg
綺麗だねぇ、可愛いねぇ^^

ここで咲いてると知ってはいたけど、咲き終わりだったり
散った後だったりで、雨風や雪に邪魔されて
目の前で
美しい姿に会えたのは初めてです♪



CIMG4700.jpg
アズマイチゲ

淡いムラサキ色なのに、
青色にしか写さない私のカメラ・・



CIMG4707.jpg
ヒマラヤユキノシタ

名前が素敵だなぁ^^
可憐な蕾を見逃しちゃった・・


CIMG4686_20210408231145a28.jpg
川べりの風も冷たさが抜けて温かく、
家の中もストーブを夕方までは
点けずに過ごせます。


CIMG4617_202104090540379a9.jpg
今年初めての モンキチョウ に、会えた^^





CIMG4570_20210408231141319.jpg
東京の友からメール。

見た目は凸凹でソバカスだらけで、届けるのを
ためらっているのだけど・・

知人がギリギリまで農薬を省いて栽培している
ミカンを、食べる? 品種は判りません。
が、味は最高です!
青虫さんを育てた あんたんち なら食べてくれるかな。


もちろん・食べる! と返事♪


CIMG4572_20210408231143c74.jpg
箱の蓋を開ける前から良い香り!

手に持っただけで、いつまでも手に香りがしています!
早速、皮を剥いて・・・うめぇーーー!と
孫の目が輝く。

オレンジとハッサクを混ぜたような、でも
もっと甘さがギュッと詰まって、爽やかです。


CIMG4612_20210408231145a46.jpg
1番大きいのと小さいのを、皮を剥いて薄〜く切って
白綿はサラッと覗いて。 実は搾っておいて。

種をコトコト煮て、種を取りだして
その汁で刻んだ皮を
少しずつ水を足しながら煮て、
柔らかくなったら搾ったジュースと砂糖を入れて
煮詰めました。

種にペクチンが多いのだとか。

小さい瓶に、一つ分の


CIMG4614_20210408231145d31.jpg
マーマレード 出来ました。

市販のマーマレードよりも、ギュッと濃い味です。
美味しい〜〜!

友に、ありがとぉ〜!!
体力的にもう無理との事で、これがきっと最後・・と。
貴重な美味しさを頂きました。


青虫さんを育てた あんたんち に 
ぷっ^^:

去年の あの子、無事に飛んで行ったかなぁ・・




岩手県も盛岡市を中心に、コロナ感染者が急に増えて
きました。

ワクチン接種票が届きました。
国のやることと、自治体の足並みそろわずに、

QRコードで読み取りせよ・・日時も場所も準備中! 
  
・・私のガラケー読み取れたっけ? と言ってる間に
  (孫ママが読み取ってくれた)

PCが無い人は何度も電話?
高齢者に、これは難関かも・・

一日も早く、安全に人と行き来出来るように
なると良いですね!


おやつ おかず | 01:04:29 | Trackback(0) | Comments(6)
春花散歩 4月2日(金)

4月2日(金)
白梅がポチポチ咲きました。
来週は満開かな^^
紅梅はまだ蕾です。


CIMG4655_202104062124007dc.jpg
古くからの住宅地のほうへ向かうと、

CIMG4811.jpg
これ、何だったっけかな・・・思い出せない・・


CIMG4656_2021040621240664e.jpg
思い出せない~と、人様の庭を覗き込む不審者^^:

あれは、もしかしたら シロバナのショウジョウバカマ?


CIMG4640.jpg
沈丁花の香り! 振り向いたら満開間近。

もしかしたら、と行って見たら、

CIMG4682.jpg
黄花沈丁花も、陽射しに輝いていました♪

こちらは、香りはごく弱いのですが
沈丁花と同じ香りです。

山野草が楽しみな空き地へ足を伸ばしてみたら、

CIMG4665_20210406212410574.jpg
空き地に、キクザキイチゲ が増えてる〜♪


CIMG4660.jpg
きれいだねぇ^^

この辺は、もともと山だったから山野草が
空き地や道端に有るんです。

ヨモギが顔を出してる。
摘み時は、来週くらいかな♪


CIMG4675.jpg
もう少し先の家の庭に、カタクリも咲いて・・

・・・遠い><


CIMG4722.jpg
行者ニンニクが食べ頃です。

こっちは、人様のお庭なので採れない・・
柵も無く、足元にいっぱいなのに・・

スーパーで、ひとパック6~7枚入って250円。
ここにこんなに有るのに~~~^^:


CIMG4680.jpg
あ、ヒュウガミズキ満開。


CIMG4651_20210407224014d80.jpg

いつもの川辺に戻って来ました。
ネコヤナギの花が咲いて、葉も出始めています。


CIMG4629.jpg
小ぶりの水仙も 咲きました^^


盛岡の裁判所の石割り桜も、城跡公園の桜も咲いて、
沿岸の宮古では桜満開と。

こっちの開花は、もう少し先です。
楽しみです〜!



日記 | 23:13:10 | Trackback(0) | Comments(6)
孫と散歩 食べられる草

3月31日(水)

行く?
 行きたい。
じゃ、黄砂が飛んできてるみたいだから
マスクをちゃんとつけて行こうか。


なずな
これ、食べられるよ。
春の七草のひとつで、種の前の若い葉をね。

タンポポの若い葉も、フキノトウもヨモギも美味しいね。
タラの芽の天ぷらはご馳走だったねぇ。


CIMG4601.jpg
手前から、はこべ・たねつけばな・ひめおどりこそう

ハコベも食べられるけど、あまり美味しくはないかな。
いっぱい摘んでも、湯通しすると
ほんの少しになるし・・

タネツケバナは毎年食べてるよね。

 こっちの姫踊り子草は?
名前も花も可愛いよねぇ。
葉っぱをちぎって舐めると甘いよ。
 ほんとだ!
シソ科だから食べてもいいけど、毛深いから
天ぷらかな・・試したことはまだ無いけど。


CIMG4581.jpg
カンゾウ

お浸しや酢味噌でたべると美味しいよ。
 採らないの?
ワンの散歩道は採りませーん。
洗えばいいようなものだけど・・

食べられる草を知ってると楽しいし、野菜が
手に入らないときに知っていると役に立つから
覚えといてね。
  でも、自分でよく調べてからだね。
どんなのでも、1度に沢山食べないのが大切。
パパもよく食べさせられたんだよ^^:


CIMG4589.jpg
ネコヤナギも、葉が出始めました。
すべすべぇ〜♪

これから景色がどんどん変わるよ^^
いくら冬が好きでも、この冬の寒さはきつかったから
春が凄く嬉しいねぇ!

外で遊べない暑い夏まで、あっという間だし
今は外を楽しもうね。


CIMG4606_20210405024911806.jpg
と言っている間に、岩手山がこんなに
霞んでしまったので、急いで帰りました。


CIMG4596.jpg
タネツケ花の葉を良く洗って、ひとりひと株を
ラーメンの彩りに。
種が伸びる前が食べ頃です。

熱い汁に浸して、ほんの少しの辛みを楽しんで^^

クレソンの仲間なので、鉄分も豊富。
サラダや和え物、炒め物や天ぷらに、何でもオーケー。
どんどん増えるから、遠慮無く採れます。




その晩、二人とも喉がイガイガ><
海を越えて来るんだよと
世界地図を指さしながら、黄砂の話をして。




翌日からもっと、黄砂が酷くて散歩を諦めて、

CIMG4575_20210405022328218.jpg
スーパーの駄菓子のコーナーで、水飴を見つけて
買って置いたのを出して。

昔は紙芝居を見ながら、割り箸でクルクルして
誰が1番白く出来るか、競争したんだよ。

やってみたいー。

くるくる〜
のばして
ぐるぐる〜

CIMG4573_20210405022328b24.jpg
あ--あ~~~~
割り箸の先だけでグルグルするんだよ~~~

頑張って10分。
銀白になったのを、うんめぇ!面白い!と孫。

前に使った残りの麦芽糖の水飴でもう一度グルグル。
味、どう?
こっちのが舌がピリッてしない。

白砂糖と麦の糖の違いが、ハッキリ判ったねぇ!



CIMG4453.jpg
有る日のお昼御飯。

今日は、ポテトサラダを作ってちょうだい。
えーーー!

洗って皮をピーラーで剥くのは、ママの手伝いしてるよね。
次は切って、袋に入れてチンして、袋のまま潰すよ。

その間に、人参・きゅーり・玉葱・リンゴを
用意するからね。

まご、真剣に作業しています。
チンして熱いうちに手で潰してね。布巾を手に巻いて。

固まりが残る位って言ったけど、一生懸命に潰して
マッシュポテトのように、滑らかになってました。

マヨネーズと酢と、蜂蜜をほんの少し入れて混ぜて。

出来上がり。 盛り付けも どうぞ。
 うん!
美味しいね。
 うん!
コーンを入れるだけだったら、全部一人で出来るね。
 うん!


CIMG4730.jpg
塩味のチャーハンの卵のせ と ポテトサラダ と
野菜スープのお昼御飯をいただきました。

自分で作ったポテトサラダが、
1番美味しかったそうです^^



あ〜あ、4月だよ、始業式はいつだっけ?
・・・宿題は?

明日は、終わるまでテレビもゲームも友達と遊ぶのも
ぜーんぶ、無し!

と、宿題完了して
春休みも、残り1日になりました(^^)/ ←私。



おやつ おかず | 04:28:05 | Trackback(0) | Comments(4)
もう一つの湿原で (3)

ミズバショウの群生地から、ほど近い林の湿地にも
期待して行きました。


うんぬっ! っと、泥土から緑が顔を出して、


CIMG4545.jpg
立ち上がっています。


CIMG4552.jpg
おおっ!
表面が裂けて
あの色が覗いてる!


CIMG4551.jpg
表皮が落ちて、包まれていた葉と小豆色のが
誕生!


CIMG4554.jpg
小豆色の苞(ほう)が開き始めて


CIMG4550_20210401012754e89.jpg
お馴染みの姿になった座禅草。


CIMG4549.jpg
座禅する僧のように、
苞に包まれた花が咲いています。


ミズバショウと同じ、里芋科なのに
随分と違う見た目です。

もっと水が多いところだと、緑の葉が
伸びるらしいのですが、ここは葉が枯れてしまうようで
泥土に小豆色の苞が、花を守るように
ひっそりと鎮座しています。

もう少しすると、多くの小豆色のポコポコが
出るんですが、ちょっと早く来たおかげで
成長過程を見る事が出来ました♪

うんぬ・から 座禅まで、何日掛かるんでしょう?


ミズバショウの白い苞も同じ伸びかた? と、
前記事の写真を見直したら、
同じに地面から顔を出していました。


CIMG4471.jpg
早春を楽しませて貰った岩手山に
ありがとう〜!

網張り温泉は、写真の左端のもうちょっと左かな。
台所から見ているのは、右端です。


何かと息をひそめる日々の中、
大自然の春の息吹に触れることが出来て
感謝の1日を過ごしました。



おでかけ 盛岡周辺 | 02:27:53 | Trackback(0) | Comments(6)