FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・19 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
お山の病院へ 9月22(土)

昨夜からの雨が小降りになった午前中にお山へ

クウーが静かに逝った報告をして、
お世話になった感謝を伝えて、最後に買って手つかずの
療養食5缶を「命の会」などの施設の必要なワンに
使って貰えたらと託しました。
かなり残っていたトイレシートも病院で使って下さると。

保健所への届けだけは、自分で行きたくないと
息子に押しつけた。
平日営業のお役所に行く暇が無い息子。
電話じゃ済まないんだって。
書類上はまだ生きているクウー・・


ここでクウーが最後に見た、夏の緑も
冬の到来に備えて色を落とし、桜の葉は紅葉していて






CIMG6556.jpg
帰り道の、緑だった田んぼの稲は穂を下げて、
来月の刈り取りを待つばかり。



CIMG6558.jpg
お山に住んで居た頃の6匹の猫達からクウーまで
25年以上もお世話になりました。
もっとも、通ったうちの大半はクウーの2ヶ月分だけど・・

予防接種の春と秋の年2回、お山を間近に眺めるのが
私の楽しみにもなっていました。




CIMG6559.jpg
イヌタデ


交通事故で後ろ足骨折の子猫ちゃんがいて、孫が
一生懸命話しかけるのを見ていた先生が、動物を好きなんだねぇと
嬉しそう。  そのうちに、また猫と暮らしては? と先生。


(・・クウーが元気な頃に、このニャン見てたら連れて行くって
言っていたかも知れないなぁ・・


まだね、ぼうぜんとして いくらでも涙は出るのに 悲しいとか
辛いとか 寂しいとか、そういう感情は 何処かで待機してるらしい。

今、次の子を引き受けたらクウーの身代わりにしてしまう・・
ちゃんと嵐に見舞われて翻弄されて乗り越えられたらね、
それでまた迎えたい気持ちになれたらね、
そしたらクウーと重ねることなく、家族になれるけど。

まぁ、体力も気力もズンズン落ちてく一方な訳だし、生きてる限り
クウーは私と一緒なのだし、クウーが満たした心を
淋しさがくるんだ分、もっと重たくなったクウーを抱いてるんだし。

新しく迎えた子を、落っことしたら ヤバイべし・・)

なんて胸の中で思ってたり・・


先生、車が見えなくなるまで外で見送ってくださって、
ありがとうございました。






CIMG6560.jpg
クウーが10才超えて、歩く距離が減るにつれて、
散歩で見られなくなった景色のひとつが 田んぼ。

車を止めてもらって、眺めました。





家族が起きてる時間に仮眠して、家族が眠ってる時間は起きて
クウーを看ていたから、すぐには夜寝る生活に戻れない。

白石パンの「くちどけ練乳ミルク」パンを冷蔵庫から出して
ひとくち食べたら美味しい。
目を輝かして寄って来るクウーにダメだよって・・









いないんだ・・





そうか、こんなことを繰り返して 嵐が襲ってくるんだな・・






クゥーのこと | 04:02:38 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
うんうん
2018-09-23 日 22:16:21 | URL | 重箱石 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-09-23 日 17:27:49 | | [編集]
静かですね。
冷蔵庫を開けても飛んでくる足音がしない・・
静かすぎますね。お察しいたします。

でも、ママさん達が急に寂しくないよう
皆が居る連休を前に行っちゃったようにも
思えます。
クゥ―ちゃん優しいものね。
2018-09-23 日 10:54:50 | URL | 布遊子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する