FC2ブログ
■プロフィール

クーママ

Author:クーママ
クウー
ミニチュアシュナウザー
女の子

2006・10・29生まれ

岩手県 盛岡市 滝沢市との境目
てくてく散歩


2018・9・19 空へ

       

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■お天気BOX
■ブログ内検索
■リンク
石川啄木記念館・続き
啄木記念館の展示を見ていると、財政豊かな親だったなら
全く違う生き方であったろうに・・と、やはり賢治さんを
思い浮かべます。

貧しいが故の苦労と傲慢な言動も遊びに逃げることも
無かったろうに・・
だけど、それでは
率直に吐露する哀しい詠も生まれなかった・・

不運続きの見本みたいな人だけど、我(われ)の弱さに甘えるのだけど、
残した作品が それ故に生まれたのだと思うと
時代背景というものも知って読まなければいけないのだろう。

職員さんの丁寧な対応と共に、来て見て良かったと思う
展示内容でした。



尋常小学校の校舎は


入り口から講堂を見て。
当時の入り口は、右側の階段の下なそう。

長い年月に酷く傷んではいますが、当時の建物の造りに
人々の暮らしや忍耐が見えて来ます。


CIMG6883.jpg
1階は、用務員室? 応接室? 

CIMG6881.jpg
職員室

CIMG6886.jpg
狭くて高い急な階段を、ギシギシ上がれば

CIMG6887.jpg
赤いほっぺたの子ども達が、黒板を見つめ
お話しを聞く様子が見えるような教室です。


CIMG6893.jpg
前庭の 夏椿の木の 花柄と蕾

CIMG6897.jpg
盛岡の街中の「啄木賢治青春館」と共に見て貰えたら
石川啄木を見る目が変わるかもしれませんね。




おでかけ 盛岡周辺 | 03:09:06 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
 * onorinbeck さん こんばんは〜
啄木さんは、小学校性の時の担任が
熱烈な啄木ファンで、授業中にあれこれ
聞かされて、詠も未だに記憶に残る位です。
修学旅行が函館だったので、函館山の
お墓も見てます。
記憶は夜景に占領されてますが><

賢治さんは、童話よりも生き様のあれこれの
評伝から入って、読んだ著書は少ないけど^^:
ますむらひろし さんの漫画から入るのも
良いかも〜でっせ^^
私はお話しより、詠の情景に惹かれます^^:
2020-02-27 木 03:16:13 | URL | クウーママ [編集]
良い場所に行きましたねー。
石川啄木も宮沢賢治もきちんと読んだ事ありません。
これを機会に読んでみようかな。
2020-02-26 水 09:32:33 | URL | onorinbeck [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する